今、会いにゆきます

概要

  • 小説著者:市川拓司(2003年/小学館)
  • 映画公開:2004年10月30日(監督:土井裕泰/主演:竹内結子・中村獅童)
  • DVD発売:‏2005年6月24日(1時間58分)

市川拓司の原作小説を竹内結子と中村獅童共演で映画化した純愛ドラマ。妻に先立たれ息子と暮らす巧の前に、1年前に亡くなったはずの妻・澪が現われる。だが、記憶を失っていた澪との幸せな共同生活は雨の季節が過ぎ去ると共に終わりを告げる。

「キネマ旬報社」データベースより

 恋愛×ファンタジーの小説をベースに映画化された作品で,テレビドラマやコミックにメディア展開されている。主題歌の ORANGE RANGE 《花》は,オリコン初登場で1位,通算4週1位を獲得するヒットになった。

 涙なくして見られない,そして最後には,大切な人との限りある時間の大切さを思い知ることになるだろう。


感想など

 毎年6月に一人で見ることにしている。
 最初は単にやたらと友人に勧められDVDを贈られたので見たのだった。

 まず作中の風景が素敵だ。池の畔の畦道や森の中の廃工場,温かみがある可愛らしい診療所や,地方都市商店街の街並み等々。また作品中の1990年代,1980年代の時代背景がよく描かれている。その時代を知っている私にもすんなり入り込める細やかさだ。

時代背景

 映画の冒頭場面を2004年とすると,その時
  巧=41歳,佑司=18歳

 佑司の回想場面の雨の季節は,2004-12=1992年で,
  巧=29歳,佑司=6歳,澪=20歳

 すると,澪が20歳だった9年前は1992-9=1983年。
 従って,澪と巧は1963年生まれ。高校卒業は1982年春だ。

 1~2年のずれはあると思うが,だいたいこんな時代になると思う。

 高校時代の澪の眼鏡や帽子は,1980年前後によく見られたものだ。
 大学生になった澪が,巧から電話をもらった日に自室で着ていたセーターも当時よく見られたデザイン。

 また,大学時代の澪や巧が使った公衆電話は1980年代前半のもの。丁度、100円玉が使える黄色い公衆電話と,テレフォンカードが使える緑の公衆電話が混在する時代だった。

 タイムスリップして未来の1992年に現れた澪が着ていた白いワンピースのベルトのバックル,自分の時代(1983年)に戻った澪が履いているサンダルや街角の人々の服装。これらも1980年代前半のものだ。

 巧が東京へ向かう高速バスの中で煙草を吸っている男性がいるが,喫煙が当然だった当時では至って普通の風景だった。

 ほぼ同じ時代に高校と大学を過ごした私には,風景から服装まで懐かしすぎる風景だ。おかげで,自分の過去を振り返り現在を想うには最適な映画になってしまった。

ハンドメイドが溢れる家

 澪と巧の住む平屋建ての家が,とても懐かしく温かみがある雰囲気だ。

 緑に囲まれ,古びた硝子窓に優しいカーテンがかかり,手作りキルトのクロスがかけられたテーブルの上には,ステンドグラス風のペンダントライト。
 壁に飾られた写真フレームにも,キッチンの湯沸かし器にもオリジナルの絵が描かれ,縁側の前の庭にはヒマワリが揺れる。

 高校生の頃から絵を描くのが好きだった澪は,オリジナリティ溢れる独特の世界で家の中を作り上げている。
 澪はいなくなっても,家の中には常に彼女の面影が溢れかえっているのだ。
 大切な人との限りある時間を,彼女が愛し尽くしたことが感じられる。

私の幸せはあなたなのよ。

今、会いにゆきます


 そう言い切る澪。
 自分の周囲にいてくれる人たちに対するそういう気持ちを忘れずに,来年の6月までまた生きてゆこうと毎年この映画を見て思う。

突っ込みたくなる色々(ネタバレです!)

 毎年見ている私だが,この映画,けっこうツッコミ所が満載だと思う。
 正直言って「それどうなのよ!?」と思う場面も多々。
 既に15回以上見ていて毎回気持ちが引っかかってしまうので,自分の精神衛生のために幾つか突っ込んでおこうと思う。


 冒頭のケーキ屋さん。
 今日で店を閉めるからって,何故そんな朝早くから配達するかな? 意味分からない。挨拶回り? 当日にしないよね。


 澪が,巧の同僚である永瀬さんに会う場面。
 兎にも角にも,澪の言動が酷すぎる。

 彼女らは,澪の生前,特に親しかったわけではなさそう。しかも澪は死んでいる。
 なのに澪は永瀬さんを呼び出し,いきなり「とにかく私のお願い聞いてくれますか。お願い。お願いします。」と,深刻そうに頭を下げる。これだけでも永瀬さんからすれば意味不明だし,なにより凄い恐怖だろう。
 恐怖と動揺で「わかりました」と言う以外に選択肢がないではないか?

 しかもお願いの内容が酷すぎる。
 「巧と佑司のことお願いできませんか。」
 巧に好意を寄せる彼女に後を託すのかと思いきや,いったそばから「巧が他の誰かを愛するなんて嫌,ごめんなさい,忘れて下さい」??
 自分が消えた後の彼女の行動を縛り牽制するために,わざわざ呼び出したのですか。

 あぁ永瀬さん,幸せになって下さい。

 これだけでも酷いのに,この後さらに,気持ちを取り直して健気に「お久しぶりです」と切り出す永瀬さんに,澪はこう言うのだ。「私あなたのこと実は覚えてない」と!?
 覚えてないのに呼び出して,そんな嫌がらせのようなお願いを切り出した上,取り消したのですか,君は。人格疑う…。


 この次の場面のケーキ屋さんでの澪も,まじ酷すぎる。

 佑司のためにケーキを予約するのは素敵な思いつきだ。
 だが,特に親しいわけでもないケーキ屋さんのご主人に「この店つぶれたりする予定ありませんか?大丈夫ですか?」なんて質問するか?! あきれ果てる…。
 幾ら彼女なりの苦しい事情があったとしても,その言い草はないだろう。他に幾らでも言い方はあるはずなのに。


 更に場面は進み,7月,梅雨明けの小学校の教室。
 明るくなった空を見た佑司が,授業中に突然先生に言った言葉。

 「僕どうしても帰らないといけないんだ」

 いやいや,その言葉遣いはダメでしょう。そもそも授業中にいきなりそんな発言をするのはマナー違反なのだから,せめてきちんと敬語を使いなさい。


 ほんの一例だが,こんな感じで,この映画が大好きで毎年見ているけれど,何もかも気に入っているわけでもないのだった。
 竹内さんの演技も話し方がどうも馴染めないのだが,彼女の笑顔が最高に可愛らしいので気にしないことにして見ている。

(昨年の竹内さんのご逝去は本当にとてもとてもとても残念だ。熊本地震を心にかけて下さってありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。)