プラハのマリオネット

 プラハの春とビロード革命の舞台になったヴァーツラフ広場から1ブロックほど歩き,ハベル教会の前に広がるハベル広場にやってきた。
 やたら露店が並んで賑わっている。

 雪が降りしきる中,露店を1件1件のぞいて歩く。
 木製の玩具にビーズ細工,ボヘミアングラスの製品やマグネット,革細工や絵などなど,如何にも土産物という感じの安価な民芸品が並び,観光客を待っている。

ハベル広場の露店(2003-02-15)
ハベル広場の露店(2003-02-15)

 ここで気になったのがオウムのマリオネット。

 だが買う決心をしている時間がなかった。
 次の正時に,市庁舎の天文時計のからくりを見に行かねばならなかったのだ。
 夕闇が迫り,この機会を逃すと天文時計のからくりを見ないままプラハを去ることになる。

 タイムリミットで慌てて立ち去ったが,やはりどうしてもこの赤毛のオウムを諦められず,ホテルへ帰る間際,まだ店が開いていますようにと願いながら,もう一度訪れた。
 そうして無事に買って帰ったのだった。

 オウムは今も部屋の天井からぶら下がっている。

なんちゃってベネツィア

たまたま縁あって行くことになったラスベガス。

カジノには興味が無いけれど,
建ち並ぶホテルはどこもここも趣向一杯で面白く,
まるで世界一周テーマパークのようだった。

ザ ベネチアン リゾート ラスベガス(ベネチアン リゾート カジノ)
The Venetian Resort Las Vegas (2001-06-15)

ここはベネツィアン・ホテル。
今はザ ベネチアン リゾート ラスベガスと言うらしい。

ゴンドラが行き交い,歌声が響き,
ベネツィアン・グラスの店で買い物をし,
ベネツィアに行ったことが無い私は
十二分にベネツィアを堪能したのだった。