玉川上水を歩く (22) 玉川上水第二公園

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

1日目の2019年2月18日、四谷大木戸を出発し、
玉川上水暗渠の上の緑道を笹塚まで歩いた。

2回目2019年3月20日は前回の終点、
笹塚「南ドンドン橋」を出発。

まず南西方向へ歩き、
環七横断地下道を通り抜けた後、北西へ。
代田橋駅前から甲州街道に入って西へ向かい、
災害時給水拠点の巨大タンク前で井の頭通りの西へ。
その後、玉川上水暗渠の上をひたすら歩いた。

この記事で歩いた場所を地図上に赤く示す。

杉並区内の玉川上水暗渠の上には
3つの公園と1つの緑地が作られている。
下流から玉川上水公園・玉川上水永泉寺緑地、
そして玉川上水第三公園・玉川上水第二公園。
全長約2,000メートルの散歩道だ。

荒玉水道道路が500m以上続く玉川上水第三公園の西端で、
荒玉水道道路の西へ渡ると玉川上水第二公園が始まる。

玉川上水第二公園の東端
玉川上水第二公園の東端

第三公園と同じく、
公園内には動物のオブジェが設置されている。
そして人影がなく閑散としている。

玉川上水第二公園の動物のオブジェ
玉川上水第二公園の銘板

もちろん禁止看板には暇がない。

玉川上水第二公園の禁止看板

公園内の遊歩道は川の流れのようで、
地面の下の玉川上水を思い起こさせる。

玉川上水第二公園

共に遊ぶ子供もいない動物たちは
異様でもあり寂しそうでもあり、何だかシュールだ。

玉川上水第二公園の動物のオブジェ

猫を抱いた少女の彫像が立っていたが、説明もなかった。

玉川上水第二公園の猫を抱いた少女の像

禁止看板ばかりてんこ盛りに立てているくらいなら
公園に佇む彫像に説明の一つでも設置してあげればいいのに。
名無しの女の子の像が可愛そうに思えた。

玉川上水第二公園の野鳥の説明版

野鳥の説明版もやる気ないことこの上なし。
植物の名前も消えていて読めやしない。
やる気があるのは「禁止」だけ?

玉川上水第二公園の植物の説明版

禁止看板には暇がない。

玉川上水第二公園の禁止看板
玉川上水第二公園の様々な禁止事項

公園に入る度に禁止ばかりでうんざりだ。
禁止ばかり主張するより
公園を愛する心を育てた方が花を摘む人もいなくなるのでは。
…と、『北風と太陽』を思い出して思ったのだった。

玉川上水第二公園の禁止看板

こんなところにまで書かねばならいほど
公園の花が摘まれてしまうのだろうか。
日本人の民度も地に落ちたものだ…。

「花をとらないで」

動物のオブジェは園内に点在している。

玉川上水第二公園の動物のオブジェ
玉川上水第二公園の動物のオブジェ

玉川上水第二公園には、
水を流して玉川上水を偲ぶための設備があった。
3月は水が流れていなかったが、
季節によっては流れているのだろう。

玉川上水第二公園に残された上水の面影
玉川上水第二公園
玉川上水第二公園

玉川上水に興味がなければ気づかないかもしれないが
公園内には所々に水道局の敷地らしい設備があった。

玉川上水第二公園の東京都水道局テレメータ送信局

玉川上水についての説明版があり、
園内にあった上水を偲ぶ流れについても書かれていた。

玉川上水第二公園の玉川上水についての説明版

   玉川上水の変遷
 ここは玉川上水の跡地です
 玉川上水は 江戸の人びとに飲料水を供給するため 今から三百年前 当時で六千五百両の経費と一年間の歳月をかけて承応三年に完成したもので 西多摩郡羽村で多摩川の水を分流し 四谷大木戸の水門まで十里三十町(約四十二キロメートル)をはこぶ上水路でした
 その流れは清く 水に映す桜の花の姿は美しく 長いあいだ江戸の人びとに親しまれ愛されてきましたが 昭和四十一年 水不足の東京へ利根川から水をひく送水管を埋設するため 区内ではその姿を消しました
 杉並区では 往時を偲び 園内にて 上水の面影をここに残しました
   昭和四十九年五月   杉並区

玉川上水第二公園の説明版
玉川上水第二公園の西端

玉川上水第二公園は西の端で甲州街道にぶつかって終わる。
公園を出るとまたしばらく、甲州街道を歩くことになる。

玉川上水第二公園と甲州街道の合流点

アニメ覚え書き(〜2019年06月)

ULTRAMAN
Netflixで全話世界同時配信。こういうのは思わず一気に見てしまう。
私はリアルタイムのウルトラマン世代なので,ウルトラマンのハヤタ・シンやウルトラセブンのモロボシ・ダン,ウルトラマンAの北斗星司&南夕子などに各々思い入れがある。が,多少の違和感を感じつつも,これはこれそれはそれとして楽しめた。昔のウルトラマンをよく知っているからこそ楽しめた部分も多かったと思う。
面白かったが中途半端に終わったので続きが必須。

世話やきキツネの仙狐さん
今期No.1の癒やしアニメ!を装いつつ,実は今期No.1の日本社会の闇を暴くアニメ?
どうせなら主人公が過労死するまで仙狐さんがそばに居てあげるところまで描いてほしいと思ってしまった。
日本ってあちこち神社の鳥居だらけだし,仙狐さんみたいな存在が本当にいてもおかしくない気がする。

ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!
完全にファンだけを対象にしたアニメって感じだった。
私はストライクウィッチーズ大好きな上に,今回主に宮藤芳佳の相手役だったゲルトルート・バルクホルンが最も贔屓なウィッチなので,文句なしに非常に良かった!
トゥルーデがよく出る関係でハルトマンの登場が多く,ハルトマンが出てくると必然的にイェーガーがよく出てきた。
本編に比べるとエイラの出番が多かったのと,リーネ&ペリーヌの出番が少なかった。ペリーヌは中の人が産休だからかな。

八十亀ちゃんかんさつにっき
知る人ぞ知る名古屋コミックのアニメ化。
原作既読だし猫っぽい八十亀ちゃんが可愛いので楽しみにしていた。
5分アニメ,いや3分アニメ? 地上波ではCMとセットで見ると楽しめたらしい。
私はテレビを持っていないので配信で見たが,こちらは本編終了後に,本編より長い応援宣伝大使のアイドルさん(TEAM SHACHI・OS☆U・dela)による名古屋紹介や声優さんインタビューがあった。最初は「何よこれ?」と思って見ていたが,そのうちにアイドルさんの顔も覚え,地元愛が溢れていて楽しみになってきた。
本編は2期が決定しているが,アイドルさんの名古屋レポートも2期決定するといいね!

異世界かるてっと
今期のギャグ枠大賞って感じ。
カルテット,四重奏の内容は『幼女戦記』『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』の4作品。
主なキャラクターがちびキャラとなって同時に更なる異世界に召喚?され会合し学校生活を送る。オーバーロードだけ見たことなかったので,思わずこの作品をより楽しみたくて見てしまった。ちなみに長い作品だけど,一気に見てしまう面白さだった。
2期が決定しており楽しみだ。

さらざんまい
東京のかっぱ橋道具街を舞台にしたBL系ファンタジー?
『輪るピングドラム』や『ユリ熊嵐』の幾原邦彦監督によるオリジナルアニメといういことで,見ないという選択肢はなかった。
世の中的には「今までの作品よりわかりやすい」という人もいたし,一部でとても填まっている人もいたようだが,私には今までで一番わからない作品で,最後まで?????と思っているうちに終わった。
BLが好きな人はそれでも楽しかったのかもだが私は興味ないし。
ラストは意見が分かれるようだが,3人とも死んじゃったんだよね,と私は思っている。
吾妻サラちゃんがかっぱ橋道具街の立体看板とそっくりで可愛くて良かった。

キャロル&チューズデイ
2クールで現在も続いているのだが,3話くらい見て放置。
絶賛している人もいるようだが,私には物語もキャラクターもちっとも魅力ではなかったし,テラフォーミング火星が舞台である必要性も見いだせず,続きを見たいという気になれなかった。AIの必要で未来かもだが,どう見ても1950年代アメリカみたいな感じだし,そんな未来を舞台にしておきながら旧態依然とした自動車やインスタグラムはないでしょ…と。

ひとりぼっちの○○生活
たぶん癒やし系アニメ。1話見てイライラして特に意図もせずに1話切り。

ぼくたちは勉強ができない
アニメ放送開始直後からアキバでは大々的に広告が出ていたのだが,勉強ができない子の話はもう沢山だよと思って見ていなかった。が,今期も後半になって人気があるっぽかったので見はじめた。
予想に反し,原作読もうかという勢いで面白かった。別に勉強ができない子の話ではなく,むしろ勉強がよくできる努力も惜しまない子たちの物語で,ヒロイン3人もなかなか可愛い。更に先生と先輩が素晴らしく可愛い。私は先生エンド希望。原作を読もうかな。

女子かう生
以前から原作が気になっていて読む機会を逸していた。
2分アニメ? あまりに短くて配信版は4話連続で見る感じだった。
なんというのかな,『からかい上手の高木さん』に出てくるクラスメイトの女子3人(ミナ・ユカリ・サナエ)が高校生になってワイワイと日々を送っている感じ。
たった一言の台詞もないのにアニメとして成立しているし面白い。これって実はとても高度な進化形アニメではないだろうか。

超可動ガール1/6
人気っぽかったので1話だけ見てみたが,そのままになっている。

鬼滅の刃
これも人気っぽかったので1話だけ見てそのまま。鬼のいる大正時代の舞台背景でしっかり見たら面白いのかもしれない。

賢者の孫
人気っぽかったので1話だけ見てみた。
正統派の転生ものファンタジー。主人公は良い子だったが,転生でチートを発揮するタイプって感じだったので,まぁいいやと思って続きを見ていない。

川柳少女
人気作品のようだったので見てみた。
2話まで見たが,主人公にまじでイライラし2話切り。人気作品であっても自分に合うとは限らないのだった。