花岡ちゃんの夏休み

本の概要

  • 花岡ちゃんの夏休み (ハヤカワ文庫JA) 
  • 著者 清原なつの
  • 出版 ハヤカワ文庫
  • 発売 2006/3/15

才女の誉れ高いメガネ女子大生、花岡数子が恋を知る夏を描いた表題作、恋のライバル出現の「早春物語」、花岡ちゃんが脇役の「アップルグリーンのカラーインクで」、花岡ちゃんによく似た宮嶋桃子登場の「青葉若葉のにおう中」、みやもり坂事件の「なだれのイエス」で、花岡ちゃんシリーズはコンプリート。他「胸さわぎの草むら」「グッド・バイバイ」と初期作品7篇を収録した傑作名作集。描き下ろしあとがきマンガ「みやもり坂の頃の事」

本の裏表紙紹介文

個別作品紹介

 表題作ほか,デビュー作の『グッド・バイバイ』を含む1976年~1981年『りぼん』掲載作品集。
 当時清原なつの氏は金沢大学薬学部在学中で,舞台は主に北陸地方だ。
 70年代後半の,まだ女性はさっさと結婚するのが当然で家庭には黒電話があった時代を背景に,我が道をゆく少々変わった人たちが登場する。
 登場人物たちはいずれも20歳前後。
 少女漫画っぽくないけれどやっぱり少女漫画な味わい深い世界。


花岡ちゃんの夏休み

 『りぼん』1977年8月号
 花岡ちゃんこと花岡数子さんは,知性を探究する大学生だ。嫁に行くことには興味が無いが母親が悲しむので結婚はしてやろうと思っている。面倒なので最初の見合い相手と…。
 しかし,本屋で同じ本に手を伸ばした簑島さんと知り合って…。
 本屋で同じ本に手を伸ばすというのは古典的な出会いで,メリル・ストリープ主演の『恋におちて』(1984)を思い出すが,こちらの方が先(1977)だ。

 なお,花岡ちゃんと簑島さんが手を伸ばした本,『ロバートブラウン物語』は実在する。
 昭和51年=1976年,奇しくも『花岡ちゃんの夏休み』の前年に発行されている。

 『ロバートブラウン物語』キリン・シーグラム株式会社著/昭和51年2月14日発行/限定版/A5判/150ページ/企画制作:博報堂

 偶然だったようで,枠外に下記のように記されていた。

『ロバートブラウン物語』を某ビール会社がS51年に限定版で出しておりました…。

p.179

早春物語

 『りぼん』1978年3月号
 花岡ちゃんと簑島さんが出会った夏から季節は移り早春。
 北陸の早春はまだ雪景色だ。
 美人のクラスメイト笹川華子さんが簑島さんの前に現れ,動揺する花岡ちゃん。
 自分の気持ちに苦悩する花岡ちゃん。

私の偉大なテーマはどこへいった
哲学はどこへいった
私はこのように低俗なジェラシーなんぞに
かかかずらわっている時間などないのじゃ

p.58

 随分と微笑ましい悩みだが,花岡ちゃんと似たようなタイプの少女だった私は,このようなジレンマには大変共感できる。


アップルグリーンのカラーインクで

 『りぼん』1977年お正月増刊号
 一浪して芸大に入った花岡ちゃんのお友達の美登利ちゃんと,美登利の幼なじみで花岡ちゃんと同じ大学に通う荻原くんの物語。
 花岡ちゃんが煙草を吸ってるのを見かけ,時代を感じた。
 そんな感じで,よく見るとあちこちに昭和が描かれている。


青葉若葉のにおう中

 『りぼん』1977年5月号
 花岡ちゃんにそっくりな宮嶋桃子さんと同級生の金之助くん,遠くから同じ大学へやってきた金之助の後輩聖子ちゃん。聖子ちゃんを愛している宮田くん。
 積み木の城はいつか壊さなければならないという物語。


なだれのイエス

 『りぼん』1981年3月号
 大学内のみやもり坂で雪崩に遭った簑島さんの話。騙されて花岡ちゃん…。
 この物語は苦手。黙っているなんてあんまりではないか?
 それは黙っていていいことではない…。


胸さわぎの草むら

 『りぼん』1979年7月号
 学生結婚でもうすぐ赤ちゃんが生まれる牧野三四郎&栄美夫妻とセイタカアワダチソウの精の物語。
 牧野富太郎夫妻がモデルという話を某所で見かけたが,モデルなのは名前と植物好きなところ?

 私にとっては清原なつの氏の最高峰。
 この作品が忘れられず,少女時代の記憶を頼りに大人になって再び清原なつの氏の漫画を探しだして読もうと思った。

 また,帰化植物について興味を抱いたきっかけが,この作品とユーミンの《ハルジョオン・ヒメジョオン》(1978)だった。

セイタカアワダチソウもそうなんだよ
生命をつなげていきたいんだ

p.217

もっと…
植物を愛してほしいんだ…
おねがいだから
ぼくたち…
こうでもしないと
生きてゆけない 

p.220

グッド・バイバイ

 『りぼん』1976年10月増刊号
 清原なつの氏デビュー作品。
 幼なじみのさとこさんと朗くん,そして病院の息子の江戸川くんの物語。さとこさんは優秀で朗くんは…。何もかも夢だったのか?
 朗くんのお母様が着物+割烹着なところに,思いっきり時代を感じる。読み終わってもいつまでも江戸川くんの笑顔が脳裏から離れない,どこか切ないハッピーエンドの物語。


みやもり坂の頃の事

 巻末おまけ描き下ろし。
 清原なつの氏が通った大学にあった「みやもり坂」の思い出話。
 『なだれのイエス』は私には好きになれない作品だが,著者にとってはとても思い入れのある作品であるようだ。
 科学者たる著者の素顔に,そして作品の背景にちょっと近づけて,この文庫を買うことに新しい価値が加わる描き下ろしだと思う。

てるみな ―東京猫耳巡礼記

本の概要

  • 全4巻(『楽園』にて連載中)
  • 著 者:kashmir(かしみーる)ウェブサイト ネコにテルミン
  • 出 版:白泉社
  • 発売日:2013/3/29(1巻)~2021/5/31(4巻)

幽玄夢幻桃源へと猫耳少女がご案内。…まあ戻ってこれるかは保証の限りではありませんが。カバーほか描きおろし多数。コラムも充実♪「読めば気分は小旅行」なシリーズです。

白泉社の紹介

 ある日突然猫耳が生えた小学生の少女が,乗り鉄をしながら東京周辺をめぐる物語。

 猫耳少女なら萌え萌え物語だなんて思うなかれ!
 主人公のミナちゃんは,妹のテルちゃんとお祖母さん,そして両親と暮らしている鉄道大好きな普通の良い子な小学生。彼女は乗った電車や駅や線路などを詳細にノートに記録し持ち歩く筋金入り乗り鉄で,各話の最後には彼女が旅した路線のコラムが書かれている。

 …と書けば普通の乗り鉄物語のようだが,違うのだ。

 彼女が旅する世界は常に,筆舌に尽くしがたいほどの幻想的な狂気の世界に繋がっている。ミナちゃんが生きる世界は私たちのこの東京ではなく,どこか魑魅魍魎が満ち触れる異世界の東京なのだ。そこを可愛らしい彼女が淡々と旅し,明るく楽しく観光する。非常にシュールだ。
 ちなみにミナちゃん,猫耳はちょっとだけ悩みらしい。

 絵の書き込みも半端なく,1コマ1コマの背景の看板の文字までくまなく楽しまなければ勿体ない。そこに世界観が溢れているので! おかげで1冊読むのにけっこうな時間を費やすことになる。

 時に不気味だったりあっさりと人が死んでいったりするため繊細な人なら気分が悪くなるかもしれないし,読者を選ぶ作品ではないかと思うが,私は毎回紙の本とKindle版の両方を揃えるほどこの作品を応援している。


『ぱらのま』と『てるみな』

 同じ作者の漫画で『ぱらのま』という作品がある。

 こちらは『てるみな』と違って我々が住むリアルな日本の乗り鉄&街歩きの旅物語だ。
 主人公は成人女性。基本的に彼女が一人で電車の旅を楽しむ物語で,『てるみな』と同じく1話完結。ただし,『てるみな』と違って人が死んだり不思議な世界に迷い込んだりはしない。

 主人公が楽しそうに鉄道の旅を楽しみながら温泉に入ったり美味しいものを食べたり,散策して歩いたりするのを読んでいると,旅に出たくなること必至。
 微妙に『てるみな』の世界と重なっていて,『ぱらのま』の主人公のお姉さんのような人がちらっと『てるみな』に現れたり,ミナちゃんなのか?と思う姿を『ぱらのま』で見かけたりする。両方の作品を読んでいると2倍楽しめると思う。

 また何より注目なのは,『ぱらのま』の主人公の兄と思しき人物を『てるみな』の1巻・2巻で度々見かけることだ。
 そう,主人公の女性には眼鏡をかけた兄がいて,兄は筋金入りの鉄ちゃんなのだが,彼とそっくりな人物が,まず『てるみな』の1巻の扉のページに登場する。その後も度々登場する。眼鏡の男性は,著者kashmirさんではないだろうか。

「残念なお姉さん」と共に巡るオトナ力無駄に発揮な鉄道小旅行の数々。「乗り鉄」「撮り鉄」等鉄道好きも様々ですが彼女は素直に「旅鉄」です。

白泉社の紹介

 ミナちゃんが住む世界は,今より少し未来のことらしい。秋葉原にメイドさんがいたのはおじいちゃんの世代だけが知る昔のことで,今やメイドさんがいる時代の街は地下深く。
 線路マニアの人はヒメムカシヨモギとオオアレチノギクの区別がついて一人前らしいという話が載っていたがたぶんミナちゃんの世界のことだろう。

 行商列車に乗る千葉のおばあちゃんたち。衛星になった町田市。ゆりかもめならぬゆりくらげ列車。ちょっと不思議でちょっと怖い鉄道と街の物語,線路を引くことを考える話,駅ナカの発展や盲腸線などなどの鉄ちゃんネタ。


 今は無き旧山頂をめざす箱根登山鉄道に,鯉が降ってくる多摩多摩線。多摩動物園の行き帰り異なる交通機関を使った場合のこと。お使いにいった銚子の街の醤油工場のこと。そして,新駅だらけの山手線スタンプラリー。年末のアメ横に上野駅の模型。

 相変わらず物語だけでも十分にシュールだが,絵の背景として描かれたポスターや看板の文字を読んでいくと一々異常な世界に浸れる。


 3年ぶりの新刊。変わらぬ不思議な世界と,心なしか大人っぽくなったミナちゃん。

 パイプ萌えに花火と鰻の怖い話に渋谷の底を這い回る怪物と巫女さん。渋谷と亀戸線の地盤沈下。腸のトンネル。廃線路に生える植物ハイセンジュ。電車を使う新鳩レースに異次元のきさらぎ駅,ウイルス蔓延と寒天の話,そして会社に行きたくないお姉さんと東武東上線の物語。