玉川上水を歩く (38) 小金井橋

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

1日目は2019年2月18日。四谷大木戸を出発し、
玉川上水暗渠の上の緑道を笹塚まで歩いた。

2日目の2019年3月20日は、前回の終点、
新宿区笹塚「南ドンドン橋」を出発。
杉並区久我山の「岩崎橋」まで。

3日目の2019年3月24日は、
岩崎橋を出発、三鷹駅前の三鷹橋まで。

4日目の2019年3月31日は、
三鷹駅を出発、桜を見ながら小金井橋まで歩いた。

この記事では、
4日目の終点、小金井橋周辺の写真を載せた。

この記事に載せた写真の位置を青丸で囲んで示した。地図はクリックすると拡大して見られる。

三鷹市から小金井市の玉川上水はほぼ東西に流れ、
玉川上水の北は五日市街道、南が上水桜通り。
上水桜通りを下流側から歩いて、
行く手に小金井橋が見えてきた。
手前にベンチ、その向こうに水神の祠、
そして旧小金井橋のモニュメントが並んでいる。

手前からベンチ・水神・旧小金井橋要石モニュメント・小金井橋が見えている。
思いっきり壊れているが風情がある木製ベンチ
水神
水神

   水神(すいじん)
かつて此の場所に、江戸時代に建てられた水神社があります。
小金井橋の花見風景を描いた、江戸時代の絵画や明治時代の文献にも水神社の祠が見られます。
此の水神は、玉川上水と小金井橋の安全とともに地域の繁栄を願って建設されたもので、長く地元の人達によって、大切に守られて来ました。
しかし、いつしか水神の祠は果て、台座を残すだけになってしまいました、そこで此の度、地元の有志達がこの場所に復元したものですが、現在市では、水神の文化的価値と保存方法について、検討を進めているところです。
   小金井市教育委員会

小金井市教育委員会による水神の説明板
水神横から見た小金井橋と玉川上水
旧小金井橋モニュメントと水神
小金井橋の移り変わり
初代歌川広重「小金井橋夕照」 木橋(江戸時代・天保8年頃)
小川一眞撮影写真帳より 石橋
小金井市観桜絵葉書より レンガ造アーチ橋(昭和5年頃)
要石について

   要石について
要石はアーチの中央部にある石です。要石を最後に備え付けるとアーチが完成することから、アーチ完成の記念すべき大事な石であるといえます。要石は、楔石(くさびいし)、拱頂石(きょうちょうせき)、冠頂石(かんちょうせき)、キーストーンとも呼ばれます。

小金井橋の説明板
旧小金井橋の要石
小金井橋の説明板

   小金井橋
 小金井橋の歴史は古く、承応(じょうおう)二年(一六五三)、玉川上水が開かれた時に架けられたものと思われます。
やがて小金井堤が桜の名所となると「金井(こがねい)橋」・「黄金井(こがねい)橋」・「金橋(きんきょう)」などとも呼ばれ、歌川広重らが錦絵や挿絵に描きました。安政三年(一八五六)に木橋から石橋に架け替えられ、明治時代以降も名勝の中心として多くの写真や絵画にその面影を見ることができます。明治三年(一八七〇)から五年にかけて玉川上水に通船(つうせん)が行われ、その時の船溜(ふなだまり)が小金井橋の上流左岸にありました。
 小金井橋は、昭和五年(一九三〇)に近代的なレンガ造のアーチ橋に架け替えられ、小金井桜とともに地域のシンボルとして親しまれてきましたが、平成二十年(二〇〇八)、都道拡幅によりレンガ橋はその役割を終えました。
 このレンガと要石(かなめいし)は、旧小金井橋の一部を記念に残したものです。
平成二十三年八月
   小金井市教育委員会
   小平市教育委員会

小金井橋の説明板

平成20年、2008年に架け替えられた現在の小金井橋。
玉川上水に沿って走る五日市街道(都道7号線)と上水桜通りが
小金井街道(都道15号線)と交わる交差点だ。

小金井橋(小金井市側)
小金井橋から下流方面を眺める
小金井橋と小金井街道

小金井橋と玉川上水は小金井市と小平市の市境になっており、
小金井橋の北西角は小平市になる。
下は小平市側の親柱。照明が埋め込まれている。

小金井橋(小平市側)

小金井橋の北西角のすぐ横に、
名勝小金井櫻の碑と説明板があった。

名勝小金井櫻の碑(小平市)
名勝 小金井(サクラ)の説明板(小平市)
名勝 小金井(サクラ)説明板の拡大 (1)
名勝 小金井(サクラ)説明板の拡大 (2)

   名勝 小金井(サクラ)
 小金井堤の桜は、元文(げんぶん)二年(一七三七)頃、八代将軍徳川吉宗の時代、幕府の命により川崎平右衛門定孝が、大和(奈良県)の吉野や常陸(茨城県)の桜川など各地の桜の名所から種苗を取り寄せ、小金井橋を中心に玉川上水両岸の六キロメートルにわたり植えたものです。これは、新田の賑わいのためのほか、桜の根が土手の崩壊を防ぎ、花びらなどが水の毒を消すなどの理由によるものといわれています。
 植樹されておよそ六十年後の寛政九年(一七九七)、多摩地域(現東大和市)出身の漢学者大久保狭南(きょうなん)が『武蔵野八景』の一つとして世に紹介すると、江戸からの花見客が増え、佐藤一斎『小金井橋観桜記』や大田南畝(おおたなんぼ)『調布日記』など文人による紀行文等に登場するようになりました。特に初代歌川広重が描いた「江戸近郊八景之内小金井橋夕照(せきしょう)」などによって富士山を背景とし、玉川上水に映える桜並木の風景が有名になりました。天保十五年(一八四四)の将軍世子(せいし)(のちの十三代将軍家定)の観桜を契機に、幕府の命により近隣村々によって大規模な補植が行われ、桜並木の景観が整いました。
 明治十六年(一八八三)には、明治天皇が騎馬で行幸されるなど、関東第一の桜の名所として、西の吉野と並び称され、明治二十二年(一八八九)四月十一日、甲武鉄道が開通すると、いっそう多くの花見客で賑わいました。
 小金井堤の桜は、東京大学三好学博士(植物学)の調査研究により、若葉の色、花の色、形の大きさ、早咲き、遅咲きなど一本一本が異なるほど多様な天然変種があり、他に類を見ない山桜の一大集植地として、大正十三年(一九二四)十二月九日「史跡名勝天然記念物保存法」により、吉野・桜川等と共に名勝に指定されました。この名勝指定には、小平村・小金井村・保谷村・武蔵野村の村長等を中心として大正二年(一九一三)に設立された「小金井保桜(ほぞう)会」による官民一体となった保存活動が大きく寄与しました。
 戦後、名勝小金井(サクラ)は、樹木の老化や周辺の都市化などによって年々衰えましたが、平成十五年(二〇〇三)八月二十七日に玉川上水が史跡に指定されたことを契機に、東京都・地元自治体・市民団代の協働により、吉野や桜川等の系譜を引き継ぐ山桜の苗が補植され、名勝小金井の桜並木の再生・復活が図られます。
平成二十三年八月
    小平市教育委員会
    小金井市教育委員会

名勝 小金井(サクラ)の説明板
小金井橋と名勝小金井(サクラ)の碑
名勝小金井(サクラ)説明板と桜と五日市街道

小平市に入った五日市街道は
玉川上水緑道の一部に
「自然とふれあう小平21kmグリーンロード」
という名前を付けて整備を進めているようだった。

「自然とふれあう小平21kmグリーンロード」の看板
小金井橋の横から西へ続く「自然とふれあう小平21kmグリーンロード」

玉川上水散歩の4日目は、小金井橋が終点。
開削当初から架かっていた小金井橋は、
玉川上水に架かる橋の中でも特別な存在であることが
数々のモニュメントを見てよく分かった。

次回はここ小金井橋を出発し小平市を歩くことになる。
自然豊かな郊外の風景が広がることが期待され楽しみだ。

玉川上水を歩く (37) 梶野橋から小金井橋

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

1日目は2019年2月18日。四谷大木戸を出発し、
玉川上水暗渠の上の緑道を笹塚まで歩いた。

2日目の2019年3月20日は、前回の終点、
新宿区笹塚「南ドンドン橋」を出発。
杉並区久我山の「岩崎橋」まで。

3日目の2019年3月24日は、
岩崎橋を出発、三鷹駅前の三鷹橋まで。

4日目の2019年3月31日は、
三鷹駅を出発、
桜を見ながら小金井橋まで歩いた。

この記事では4日目道程の最終区、
東小金井駅の北に位置する梶野橋から
武蔵小金井駅の北の位置する小金井橋までの写真を載せた。

この記事で歩いた部分を青線で示した。地図はクリックすると拡大して見られる。

この区間は玉川上水の北が五日市街道、
南が上水桜通り。
上水桜通りを西へ、上流へ向かって歩いた。

上水桜通りから南へ向かう道。右手に梶野町雑木緑地がある。

折しも桜の季節で,
玉川上水沿いの桜が盛りを迎えようとしていた。

玉川上水沿いの桜。

梶野橋の一つ上流に架かっていたのは関野橋。
都道247号線と交わる信号のある交差点だ。

関野橋
関野橋
関野橋
関野橋と上水桜通り

関野橋横の上水桜通り歩道には
桜のマークが埋め込まれていた。

上水桜通りの歩道

また、この日は「小金井桜まつり」もやっていた。
地元の掲示板を見ると、
さすが都内有数の桜の名所で、
この季節にはイベントが盛んのようだ。

小金井市の広報掲示板

関野橋の一つ上流に架かる小さな橋が平右衛門橋。
2015年7月に完成した新しい橋で、
橋の横には石碑と玉川上水の説明版があった。

平右衛門橋の碑

橋の名前になった川崎平右衛門は江戸時代の代官。
多摩川の治水や六所宮(大國魂神社)東照宮の修理、
武蔵野新田の安定化、小金井桜の植樹など、
武蔵野の発展に多大な功績を残した人物らしい。
平右衛門没後250年のプロジェクトの一環で、
この橋が作られたとのことだ。

平右衛門橋
平右衛門橋から下流を見る
平右衛門橋から上流を見る
平右衛門橋の横の看板
平右衛門橋の横の看板(地図の拡大)

   江戸・東京の水道に果たした役割
 玉川上水は、羽村取水口から四谷大木戸までの約43kmにわたる水路で、承応3(1654)年に完成しました。これにより、多摩川の水が江戸市中の広い範囲に供給されることになり、江戸が大きく発展することができました。
 その後、明治31(1989)年に完成した淀橋浄水場(今の新宿区)への水路として、昭和40(1965)年に同浄水場が廃止されるまで、利用されていました。
 現在も羽村取水口から小平監視所までは、現役の水道用の水路として、都民の生活を支えています。

   貴重な土木施設・遺構としての歴史的価値
 玉川上水は、約43kmの区間を約92mの標高差(100mでわずか約21cmの高低差)を利用して、水を流すように設計された長大な土木施設・遺構です。
 特に、小平監視所から浅間橋までの中流部には、開削当時の素掘りの水路・法面(のりめん)が多く残され、往時の姿を今日に伝えています。
 玉川上水は、近世の水利技術を知る上で重要な土木施設・遺構であることから、平成15(2003)年8月、開渠区間約30kmが国の史跡に指定されました。

   国指定名勝 小金井(サクラ)
 玉川上水堤のヤマザクラ並木は、元文2(1737)年、八代将軍徳川吉宗の時代から植えられ始め、江戸・東京近郊随一の桜の名所として賑わい、大正13(1924)年に国の名勝に指定されました。
 小金井市では、平成27(2015)年、史跡・名勝の景色にふわさしい人道橋に架け替えました。
 橋名は、江戸時代に武蔵野新田の開発と復興に尽力し、ヤマザクラ並木を造った川崎平右衛門定孝(かわさきへいえもんさだたか)にちなみ「平右衛門橋」と名付けられました。

 (写真解説)明治時代末頃のサクラ並木(現在の平右衛門橋付近)資料提供:小金井市教育委員会

平右衛門橋横の説明版

この説明看板のすぐ横の、
玉川上水の柵の中に小金井桜の記念碑があった。

名勝小金井櫻の碑

 小金井櫻は大正十三年(一九二四年)に「名勝」として國から指定を受けたものであり古く徳川時代から明治大正を経て今日に至っております
この玉川上水の堤は櫻を中心として永い間多くの市民の親しまれ栄えたところであります
 その間社会環境の変化などによって樹勢が衰えはじめ今ではかつての面影を偲ぶことさえ出来なくなってしまいました
 この度名勝小金井櫻を復興し玉川上水の歴史と共に永く後世に伝えるため昭和四十三年(一九六八年)以来各方面の協力を得て櫻の若木を補植しているものであります

   昭和五十三年二月十二日
    小金井市観光協会
    東京小金井ロータリークラブ

名勝小金井櫻の碑
小金井櫻の碑の前から見た平右衛門橋
名勝小金井櫻の碑と上水桜通り

平右衛門橋あたりは上水桜通りを挟んで
住宅の前にも用水路の跡があり気になった。
特に説明もなく、
地図にも水路が載っているだけで名称の記載もなく、
どういった用途の水路で、
今も水が流れることがあるのかなどは分からなかった。

平右衛門橋の前の水路跡
上水桜通り沿いに玉川上水と並行して走る住宅前の水路

平右衛門橋のすぐ西が、
小金井公園の入り口となる交差点だ。

小金井公園入り口

上水桜通り沿いのこの古いアパートには
「さくらハイツ」と書いてあった。

桜の花とさくらハイツ

上水桜通りには時折ベンチが置かれている。
散策を楽しみ、時には座って休み
ゆっくり桜の木を見上げていられる散歩道だ。

上水桜通りとベンチ

平右衛門橋の上流にはコンクリート造りの新小金井橋。
五日市街道と上水桜通りが
緑中央通りと交わる交差点で、信号機がある。

新小金井橋
新小金井橋
新小金井橋

新小金井橋のたもとには、
「ハケの道・玉川上水散歩」の案内版。
これより上流では同じ案内版を何度か見かけた。

ハケの道・玉川上水散歩
ハケの道・玉川上水散歩 国分寺駅―小金井公園 5.8km
新小金井橋近くの玉川上水の堤

新小金井橋とその上流の陣屋橋の中間あたりに
「さくら公園」という名前の公園があったので入ってみた。
やはり玉川上水と桜にちなむ公園だ。

さくら公園

   さくら公園
 江戸時代から桜の名所として知られる玉川上水にちなみ、八重に咲くボタンザクラ(牡丹桜)やヤマザクラ(山桜)が植えられています。また、市の木ケヤキ、市民の木モクセイ、市民の花サツキ、ツツジも植えられています。
 “みどりを大切にし公園を清潔に保ちましょう。”
   1998.8 小金井市

さくら公園の説明版
さくら公園のカバの遊具

公園内のカバの遊具が変わっていた。
背中からカバの中を覗き込むと、
3カ国語で臓器の説明が書かれていた。

さくら公園のカバの遊具

そして陣屋橋。
木造の小さな橋だが、由緒ある橋だ。
橋のたもとに橋の説明と
「歴史とみどりの散歩道コース」の案内地図があった。

歴史とみどりの散歩道コースの案内版
陣屋橋
陣屋橋から見た玉川上水の上流方面

小さな橋だが、
陣屋橋の前は「江戸東京たてもの園前」交差点で、
橋は人通りが絶えず賑わっていた。

陣屋橋
陣屋橋の説明版

   陣屋橋
 江戸時代前期の承応(じょうおう)三年(一六五四)、江戸の水道である玉川上水が完成した後、武蔵野の原野の開発が急速に進み、享保(きょうほう)年間(十八世紀前半)ころに、八十二か村の新田村が誕生しました。この新田開発には、玉川上水からの分水が大きな役割を果たしました。この時、上水北側の関野新田に南武蔵野の開発を推進した幕府の陣屋(役宅)が置かれ、「武蔵野新田世話役」に登用された川崎平右衛門定孝(かわさきへいえもんさだたか)の手代(下役)高木三郎兵衛(たかぎさぶろうべい)が常駐していました。
 この陣屋から南に真直ぐ小金井村方面に通じる道が「陣屋道」、玉川上水に架かる橋が「陣屋橋」です。今の橋は、昭和四十八年に新設されたものですが、もとの陣屋橋は、ここから数十メートル下流にありました。
 また、玉川上水両岸の小金井桜は、新田開発が行われた元文(げんぶん)二年(一七三七)頃、幕府の命によって川崎平右衛門等が植えたものです。
 平成十四年三月二十日
    小金井市教育委員会

陣屋橋の説明版
陣屋橋(北側から南側を見る)
陣屋橋のたもとから見た五日市街道

陣屋橋の一つ上流の小金井橋へ向かって、
更に上水桜通りを西へ歩く。

上水桜通り(陣屋橋と小金井橋の間)

小金井橋の近くに、
北上市との友好の桜を示す看板があった。

北上・小金井友好の桜

   北上市から里帰りした
  北上・小金井友好の桜
 東北三大桜の名所として知られる岩手県北上市の展勝地に、大正10年(1921)小金井産のヤマザクラ約1千本の苗木が移植され、今でも美しい花を咲かせ「小金井の山桜」と呼ばれ親しまれています。
 平成13年(2001)の展勝地開園80周年記念式典において、北上市より友好の印として、親木から接ぎ木で増やした後継樹が目録にて、小金井市に贈呈されました。
 そして6年後,桜を愛する市民の念願が叶い、平成19年11月4日に両市の関係者等が見守る中,北上の地で育った苗木5本が玉川上水堤の故郷に里帰りしました。このヤマザクラには、両市のの『名勝小金井(サクラ)』の復活の祈りが込められています。
   平成19年11月4日
  名勝小金井桜の会・小金井市

北上・小金井友好の桜の説明版
北上・小金井友好の桜

小金井の桜に対する
地元の深い思い入れが感じられる区間だった。
時と共に衰えてしまった桜並木だが、
近い将来、往年の姿を取りもどすのだろう。