英国の遊び心が楽しい実用的インテリア

前回の記事でアメリカの猫のドアストッパーを紹介しました。
今日はイギリスのドアストッパーを紹介しましょう。
デニムの首輪をつけたテリアです。
 
Ulster Weavers社のドアストッパー
 
上品なチェックに犬の足跡がチャームポイント。
ずっしり重く、ドアをしっかりキープします。
ぬいぐるみなので、ドアを傷つける心配もありません。
 
Ulster Weavers社のドアストッパー
 
猫や牛、フクロウなど他にも様々なバージョンがあります。
メーカーは北アイルランドのアルスター・ウィーバーズ社。
 
Ulster Weavers社 タグ
 
アルスター・ウィーバーズ(Ulster Weavers)社は、
1880年創業の老舗ホームウエアメーカー。
英国王室御用達にもなっていて、
ドアストッパーのほか、クッションやキッチン雑貨、
バッグやテーブルウェアなどの家庭を彩るグッズを製造販売しています。
 
こちらはティーコジー。
中綿がたっぷり入っていてしっかりと保温します。
さすが紅茶の国!と思う安心な品質です。
 
ULSTER WEAVERS Tea cosy OWL
 
通販でも手に入りますよ。
 

 
 
リンク
Ulster Weavers
 

猫のドアストッパー

24時間換気をしていると室内の空気が動いて
開けておきたいドアが、どうしても閉まってしまう。

ドアの下に隙間がなく、
従来のドア下に差し込むの三角形のドアストパーは使えない。

何か良いものはないだろうかと捜して見つけたのがこれ。
アメリカ製の、猫のドアストッパー。
 
クッションのようですが、重量があり自立しドアを押さえます。

猫のドアストッパー(Adeline Halvorson )
 
わざわざドアの下に差し込む手間もなく、動かすだけ。
まるで本物の猫がいるような存在感です。
 
後ろ姿も、ほとんど猫。
 
猫のドアストッパー(Adeline Halvorson )
 
デザイナーさんは、
馬を愛し動物を題材とした作品を手がけるアーティスト、
アデリーヌ・ハルバーソン(Adeline Halvorson)さん。
 
猫のドアストッパー(Adeline Halvorson )底面
 
猫のドアストッパーは、他にも数種類あります。
1個1万円近くしますので、お値段は少々高め。
けれど実用性とインテリア性を兼ねている良品です。
 
通販サイトでも見かけますが、
意外と近所の雑貨屋さんに売っているかもしれませんよ。
 
猫のドアストッパー(Adeline Halvorson )
 
猫好きだけどペット禁止物件に住んでいる…
あるいは、猫好きだけど猫アレルギー…
などの理由で飼えない方にもお勧めです!
 
 
リンク
Artists Adeline Halvorson & Leslie Anderson | Cat Doorstops | Sturbridge Yankee Workshop
Adeline Halvorson Artworks – Canadian Artist specializing in paintings of animals