苦丁茶(一葉茶)

苦丁茶(くうていちゃ)をご存知でしょうか?
モチノキ科の植物の葉で作った中国茶です。
飲んだ直後に残る苦みが「苦丁茶」の由来。
苦みと入れ混じってほのかな甘さも感じる不思議な味です。

日本ではまだまだ馴染みの薄い健康茶で
「苦丁茶」の日本語読みも決まっていません。
「くうていちゃ」以外にも、
「くちょうちゃ」「くていちゃ」「くちんちゃ」

あるいは中国語の発音から
「クディン」「クーディン」
などとも読まれます。

苦丁茶

苦丁茶は健康茶の一種。
中国では後漢時代に既に飲まれていたそうです。

成分は、サポニンやポリフェノールが豊富。

緑茶と比べてサポニンは少ないものの
亜鉛・マンガン・銅・セレンなどミネラルが豊富。
もちろんノンカフェインです。

気になる効能は、多岐に渡ります。

頭痛や眼精疲労。
デトックス効果も期待できることから、
風邪・鼻炎・目の痒み・頭痛・解熱に。
また消化促進・下痢止めなど消化器系に。
咳や痰など呼吸器系に。
また気力の充実や記憶力回復などにも。

最近の研究では、血液循環の促進・血圧低下、
さらにコレステロールを減らす効果も
少しながら確認されたとのこと。
ダイエット効果や
酸化を防ぎ若々しい体を保つ効果も期待できそう!

苦丁茶

苦丁茶の茶葉。
「丁」は捻った茶葉の形を指しています。
熱湯を入れてゆっくり蒸らし、捻れが緩む頃が飲み頃です。
緑茶のように低い温度のお湯を使うと、
捻れがほぐれずお茶の出も悪いので、
よく沸かした熱湯を使います。

効果だの成分だの難しいことは置いておいて、
体質改善に1日1杯気楽に飲んでみては如何でしょう。
ノンカフェインだから夜でもOK。
最近は日本市場向けに苦みが少ない苦丁茶もあります。


人気ブログランキング

電子書籍のススメ

お出かけの時に持ち歩く本。
あとちょっとで読み終わる。
でも2冊も持っていくのは嵩張るし重い!

そんな経験はありませんか?
本を持ち歩く方にお勧めなのが電子書籍です。

最近かなり普及してきましたが,
世の中はまだまだ紙の本が主流。

紙の本は出ているのに,電子書籍はない。
電子書籍だけ何故か発売日が遅い。
etc…

そんな不便を感じることも多々ありますが
それを差し引いても!
電子書籍はとても便利です!!

例えば・・・

・その場で購入し読み始められる。
・持ち歩いても荷物にならない。
・お気に入りの本を常に何冊も持ち歩ける。
・買った本はどこにいてもダウンロードしすぐ読める。
・字の大きさを変えられる。
・栞が要らない。
・増えた本の置き場所に困ることがなくなる。
・意外に多い無料配布本で世界が広がる。
・読み放題プランを活用し気軽に多読できる。
・気になった言葉を気軽にハイライト。メモが残る。
・電子的な栞を使って気になるページをマーク。
・知らない単語をその場で検索し単語帳作成。
・巻末の注釈と読んでいるページを気軽に移動。

などなど、どれも紙の本にはない利便性です。

紙の本に比べると
電子書籍は目が疲れるという意見がありますね?
けれど、その問題もほぼ解決されています。

例えばAmazonの電子書籍専用端末 Kindle。
目の疲れ方は紙を読んでいるのとほぼ変わりません。

紙に書いたようなくっきりとした文字。
紙の上の文字を見るような柔らかで自然な明るさ。
屋内でも屋外でも、明るい部屋でも暗い部屋でも
これらが長時間の読書を快適にサポートします。

Kindleなどの専用端末路購入するのは…ってな方には
スマホアプリも用意されています。
勿論 iOSでもAndroidでも大丈夫。
普段から持ち歩いているスマホやタブレットが
アプリの起動で本に早変わりします。

筆者は日本での発売開始当初から
Kindle×Amazonで電子書籍を堪能していますが,
電子書籍ストアは他にも色々な選択肢があります。

・アップルのApple Books(iOS11まではiBooks)。
・ソニーのSONY Reader。
・楽天の楽天Kobo。

各々スマホアプリも用意されていますから,
普段からよく利用するサービスを鑑みて、
ポイントが貯まりやすいとか情報が得やすいなど、
自分の生活に合ったストアを選べば良いでしょう。

とても気軽で身軽な読書生活が待っています!


人気ブログランキング