今、会いにゆきます

概要

  • 小説著者:市川拓司(2003年/小学館)
  • 映画公開:2004年10月30日(監督:土井裕泰/主演:竹内結子・中村獅童)
  • DVD発売:‏2005年6月24日(1時間58分)

市川拓司の原作小説を竹内結子と中村獅童共演で映画化した純愛ドラマ。妻に先立たれ息子と暮らす巧の前に、1年前に亡くなったはずの妻・澪が現われる。だが、記憶を失っていた澪との幸せな共同生活は雨の季節が過ぎ去ると共に終わりを告げる。

「キネマ旬報社」データベースより

 恋愛×ファンタジーの小説をベースに映画化された作品で,テレビドラマやコミックにメディア展開されている。主題歌の ORANGE RANGE 《花》は,オリコン初登場で1位,通算4週1位を獲得するヒットになった。

 涙なくして見られない,そして最後には,大切な人との限りある時間の大切さを思い知ることになるだろう。


感想など

 毎年6月に一人で見ることにしている。
 最初は単にやたらと友人に勧められDVDを贈られたので見たのだった。

 まず作中の風景が素敵だ。池の畔の畦道や森の中の廃工場,温かみがある可愛らしい診療所や,地方都市商店街の街並み等々。また作品中の1990年代,1980年代の時代背景がよく描かれている。その時代を知っている私にもすんなり入り込める細やかさだ。

時代背景

 映画の冒頭場面を2004年とすると,その時
  巧=41歳,佑司=18歳

 佑司の回想場面の雨の季節は,2004-12=1992年で,
  巧=29歳,佑司=6歳,澪=20歳

 すると,澪が20歳だった9年前は1992-9=1983年。
 従って,澪と巧は1963年生まれ。高校卒業は1982年春だ。

 1~2年のずれはあると思うが,だいたいこんな時代になると思う。

 高校時代の澪の眼鏡や帽子は,1980年前後によく見られたものだ。
 大学生になった澪が,巧から電話をもらった日に自室で着ていたセーターも当時よく見られたデザイン。

 また,大学時代の澪や巧が使った公衆電話は1980年代前半のもの。丁度、100円玉が使える黄色い公衆電話と,テレフォンカードが使える緑の公衆電話が混在する時代だった。

 タイムスリップして未来の1992年に現れた澪が着ていた白いワンピースのベルトのバックル,自分の時代(1983年)に戻った澪が履いているサンダルや街角の人々の服装。これらも1980年代前半のものだ。

 巧が東京へ向かう高速バスの中で煙草を吸っている男性がいるが,喫煙が当然だった当時では至って普通の風景だった。

 ほぼ同じ時代に高校と大学を過ごした私には,風景から服装まで懐かしすぎる風景だ。おかげで,自分の過去を振り返り現在を想うには最適な映画になってしまった。

ハンドメイドが溢れる家

 澪と巧の住む平屋建ての家が,とても懐かしく温かみがある雰囲気だ。

 緑に囲まれ,古びた硝子窓に優しいカーテンがかかり,手作りキルトのクロスがかけられたテーブルの上には,ステンドグラス風のペンダントライト。
 壁に飾られた写真フレームにも,キッチンの湯沸かし器にもオリジナルの絵が描かれ,縁側の前の庭にはヒマワリが揺れる。

 高校生の頃から絵を描くのが好きだった澪は,オリジナリティ溢れる独特の世界で家の中を作り上げている。
 澪はいなくなっても,家の中には常に彼女の面影が溢れかえっているのだ。
 大切な人との限りある時間を,彼女が愛し尽くしたことが感じられる。

私の幸せはあなたなのよ。

今、会いにゆきます


 そう言い切る澪。
 自分の周囲にいてくれる人たちに対するそういう気持ちを忘れずに,来年の6月までまた生きてゆこうと毎年この映画を見て思う。

突っ込みたくなる色々(ネタバレです!)

 毎年見ている私だが,この映画,けっこうツッコミ所が満載だと思う。
 正直言って「それどうなのよ!?」と思う場面も多々。
 既に15回以上見ていて毎回気持ちが引っかかってしまうので,自分の精神衛生のために幾つか突っ込んでおこうと思う。


 冒頭のケーキ屋さん。
 今日で店を閉めるからって,何故そんな朝早くから配達するかな? 意味分からない。挨拶回り? 当日にしないよね。


 澪が,巧の同僚である永瀬さんに会う場面。
 兎にも角にも,澪の言動が酷すぎる。

 彼女らは,澪の生前,特に親しかったわけではなさそう。しかも澪は死んでいる。
 なのに澪は永瀬さんを呼び出し,いきなり「とにかく私のお願い聞いてくれますか。お願い。お願いします。」と,深刻そうに頭を下げる。これだけでも永瀬さんからすれば意味不明だし,なにより凄い恐怖だろう。
 恐怖と動揺で「わかりました」と言う以外に選択肢がないではないか?

 しかもお願いの内容が酷すぎる。
 「巧と佑司のことお願いできませんか。」
 巧に好意を寄せる彼女に後を託すのかと思いきや,いったそばから「巧が他の誰かを愛するなんて嫌,ごめんなさい,忘れて下さい」??
 自分が消えた後の彼女の行動を縛り牽制するために,わざわざ呼び出したのですか。

 あぁ永瀬さん,幸せになって下さい。

 これだけでも酷いのに,この後さらに,気持ちを取り直して健気に「お久しぶりです」と切り出す永瀬さんに,澪はこう言うのだ。「私あなたのこと実は覚えてない」と!?
 覚えてないのに呼び出して,そんな嫌がらせのようなお願いを切り出した上,取り消したのですか,君は。人格疑う…。


 この次の場面のケーキ屋さんでの澪も,まじ酷すぎる。

 佑司のためにケーキを予約するのは素敵な思いつきだ。
 だが,特に親しいわけでもないケーキ屋さんのご主人に「この店つぶれたりする予定ありませんか?大丈夫ですか?」なんて質問するか?! あきれ果てる…。
 幾ら彼女なりの苦しい事情があったとしても,その言い草はないだろう。他に幾らでも言い方はあるはずなのに。


 更に場面は進み,7月,梅雨明けの小学校の教室。
 明るくなった空を見た佑司が,授業中に突然先生に言った言葉。

 「僕どうしても帰らないといけないんだ」

 いやいや,その言葉遣いはダメでしょう。そもそも授業中にいきなりそんな発言をするのはマナー違反なのだから,せめてきちんと敬語を使いなさい。


 ほんの一例だが,こんな感じで,この映画が大好きで毎年見ているけれど,何もかも気に入っているわけでもないのだった。
 竹内さんの演技も話し方がどうも馴染めないのだが,彼女の笑顔が最高に可愛らしいので気にしないことにして見ている。

(昨年の竹内さんのご逝去は本当にとてもとてもとても残念だ。熊本地震を心にかけて下さってありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。)

果ての星通信

本の概要

  • 全5巻(完結)
  • 著 者:メノタ
  • 出 版: PASH! コミックス(主婦と生活社)
  • 発売日:2019/4/26(1巻)~2021/5/7(5巻)

 とても風変わりな物語だ。
 「SF」と紹介されていたりするが,宇宙が舞台であれば何でもSFと呼ぶのはどうかと思う。この物語には(良い意味で)サイエンスの要素はない。童話とも呼べそうな気がするファンタジーだ。
 でもまぁ星新一作品がSFならば,本作は間違いなくSFだろう。

 主人公は,サンクトペテルブルクに住むマルコ。
 マルコは大学を卒業したところで,これから恋人と共に世界をめぐる旅に出る予定だった。ところが突然,宇宙の果ての惑星モスリに召喚されてしまう。

 モスリは宇宙の仕事をするための支局で,そこではランダムに選ばれた青年たちが宇宙各地から集められ,働いている。支局員は,各々自分の惑星の10年間,宇宙のために働かなければならないのだった。

 モスリ支局の支局員は4人。
 あとの3人は,「局長」と呼ばれる第4アクズ星人。彼とは,マルコが選ばれた時に一度会っていた(マルコは夢だと思っていた)。そして,7年目になる惑星ダ・ココバ出身のナナギ。ナナギの1年後に就任した惑星ソルフェ出身のフィッツィー。

 マルコは否応なく彼らと一緒に宇宙生活をせざるを得なくなってしまった。何とか地球の恋人の元へ帰ろうとあがくのだが…。

 様々な特徴を持つ異星人たちが住む童話的で奇抜な世界は,時々泣きたくなるほど切なくて優しい。


 風変わりな固有名詞が多いので参考までに列記しておく。
 以下,だいたい登場した順(違ってるところもある)。


登場人物

マルコ・ロウノワヴィチ・ウルサズカ サンクトペテルブルク出身。大学卒業を機会に恋人と世界旅行をする予定だったが,惑星モスリに転送され「果ての管理者」を10年間やることになった。ピアノが得意。モンゴリアンデスワームが好き。局員番号8747028。

局長 第4アクズ星人。本名を発音するには舌が2枚必要で難しいので「局長」と呼ばれている。のんびり屋で優しく頼りになる。19歳で局員になって3年経つが,局長の1日は地球人の20日なので支部局員を一番長く勤めている。閉じた星出身。局員番号8733875。

ナナギ ダ・ココバ星人。かなり地球人に近い見かけだが,血液は青く塩をたくさん食べるし,手は伸ばして蟹の鋏のようにすることができる。赤毛。ぬいぐるみ会社の息子で仲間想いでやさしい。マルコが就任した時は7年目。

フィッツィー ソルフェ星人。手が芋虫状だが顔は地球人に似ている。医療従事者養成所の星の出身で医者。局長に負けないほどのんびり屋。ナナギの1年後に支部局に就任。映画が好き。マルコのお姉さん的存在。ソルフェ星人は加齢やストレスで赤い毛が生えるらしい。

マウー ロノウトギ星人。ヌゥという双子を宇宙船内の事故で亡くし,マルコと一緒にモスリにやってきた。もふもふ。優しい性格。

レゾルタルパ 通称レゾル。キアラ星人の好奇心旺盛な女の子。モスリの鏡と自室が繋がっている。鉱石や岩石を食べる種族。

バローラ コルマダ星人。マルコの前任で閉じた星出身。結婚したとたんにモスリへ来てずっと泣いていた。

ソネルユ ケデル星の花の買い付け人。妻オーウェと一緒にケデルを訪れたマルコをもてなす。

アリョーシャ マルコの兄。マルコにとって一番怖い人かつ神のような人。

セルゲイ マルコの兄。幼くして亡くなった。

あの人 マルコの恋人で5歳年上。マルコが言うには,心配性で眠るのが好きでたまにマルコに意地悪をする可愛くて綺麗な人。カナヅチ。手足に火傷の跡がある。

上の人 局員たちの上司。宇宙を作っている神様のような存在。

トーグリ マルコと会ったガカルの識別名で,「トーグリ」は「コバンザメ」の意。顔に刺青があるガカル(ノノト星人の名は全員ガカル=怠け者)。決まった特徴の宇宙人だけを食する。

ノッティカ・ドニー 寿命300年の長命種族のベルナンク星人。ガカルが乗っていた船の船長。「ベルナンク」は「フォークの足」の意。

エズリグ 第6銀河の局員,惑星ルトイヤ支局の局員。第6銀河では2番目に人口が多いジヨ星人。6本脚のネズミみたいな見かけ。母星は星間戦争の戦場になっている。

カーファ 第6銀河の局員,惑星ルトイヤ支局の局員。オン・カ117星人で,黒い顔に3つの目が縦に並んでいる。故郷の星ではお金持ち。

カウポスィカ カウポスィカは「幽霊魚」の意。エッセイ集『カウポスィカの星巡り紀行』の著者。

カノーウィ博士 学者時代のあだ名はカウポスィカ(幽霊魚)。引退した寄生虫博士。幽霊魚を釣る夢を叶えるべく活動している。惑星モ・サの種族の一つ,ホサカ人。

サプフィール マルコが保護したモンゴリアンデスワームことミニスナヒモエビ。ロシア語で「サファイアちゃん」の意。

コズヴァイパ レゾルの兄。キアラ星の将来を憂いで局員を志望している。

レノイラ フィッツィーの姉で義肢装具士。

マリーナ マルコがマクク星人から「兄役」のお礼にもらった足と目が多い子豚。ロシア語で「木苺ちゃん」の意。

ソテリヤナ モスリの管理AI。ベザ星で「5」という意味。

モポノ・ハ 第143銀河支局の地球担当者。局員番号ヌタウナギ1433。


登場惑星

モスリ 星を育てるために作られた惑星で,直径は100km^2くらい。第8銀河の「果ての管理者」支部局。月が二つある。1つは常に半月,で1つは常に満月。半月の月は「ひとやすみの星」という。表面は寒い。地表は樹木のような殻に覆われ,その中は常冬。星の核が空洞になっており,そこに管理局施設がある。

第4アクズ星 局長の故郷で閉じた星。散開星団アクズに属する4番目に大きな星。

ダ・ココバ ナナギの故郷で開いた星。ナナギの実家が経営していたぬいぐるみ工房は「魔法使いの城」と呼ばれている。

ソルフェ フィッツィーの故郷で開いた星。医療従事者養成所の星。ソルフェ星人は成人したら宇宙各地に散らばって医療に従事する。

ロノウトギ マウーの故郷。ただしマウーは宇宙船生まれ。他支局の管理下にある遠い星。低木と苔に覆われた大地に半永久的な寿命を持つオスとメスのペアだけが住む星だった。初代のクローンの寿命は100年くらい。

ホルシェ8(ほるしぇはち) 「上の人」が作った巨大な宇宙コロニーで,地球と似た道具が存在する。表向きは宇宙港と星についての博物館だが,「果ての管理者」に必要物資を供給するために作られた。近くに中央本部があり,他の支部局員もやってくる。 

キアラ 植物がなく住民は石を加工して食べる。無数の衛星がビーズ細工のように取りましているため,キアラ星人は宇宙に出られず,閉じた星になっている。年に一度,夜がなくなる星があり,「宙の光石祭り」が行われる。

ウスート ウスート星人は第8銀河の人口の6割を占め,第8銀河の建築物や乗り物などの基準になっている。

ケデル ドールハウスの名産地。「ケデル」は「静かな運河」という意味。致死率と感染力の高い疫病が蔓延し封鎖されたが,クネカヤフ博士が発見したアカメフカノムシ(新種の寄生虫)による研究で疫病から救われた。

モパルザ 鉱山採掘の従事者のみが住む星。ナナバの縁者たちが働いている。

ホボム18 砂漠の星。ミニスナヒモエビ(マルコが言うところのモンゴリアンデスワーム)が棲息している。

エールクーグ フィッツィーが初めて作った植物園の星。鳥達が草花の世話をしている。

カヤン 第8銀河の流行発信地の惑星で,モスリ管理リスト内で一番都会でお洒落。SF小説に出てくる未来のような雰囲気。

ノエターラ 360km続く砂浜がある。

オ・46春夏星 春夏星と秋冬星の二重星で,伝統工芸の螺鈿細工が有名。

コガエ 年に一度貝の博覧会が催される。

ヒ-28 空が紫色で,大気成分の影響で体毛がどんどん伸びる。

第8銀河図書館 惑星まるごとをくり抜いた紙の書物を保管する大図書館。図書館の建築に尽力した11惑星の代表のみが入場券を発行できる。図書館内は専属司書に厳重に管理されており,利用者は書架には入れない。利用者は個室に配達してもらった指定の本を読む仕組み。

ユノ・ザ 大昔に消滅した惑星。ここに住んでいたユノ・ザ星人は,それ以降宇宙船生活を続けている。ユノ・ザ星人は権威ある非常に古い種族で,銀河治安維持同盟の要人を数多く輩出し,図書館の入場券も発行できる。

ルイナク(市場の星) 銀河図書館にくっつけて作られた商業惑星。露店から大型ショッピングモールまであらゆる店が集まっており,出入りは自由。図書館とは橋で繋がっている。

ネリヴィク ブライダルスター。その名の通り結婚式の星。様々な星の文化や伝統に則った挙式を執り行っている。

ビリーブルー 映画の星。映画館が集まっている。料金はボタンで支払う。

ノノト 第6銀河の問題の多い星。局員に選ばれたことを大層怨んでいた過去のルトイヤ局員61821によって作られた。住人は全員ガカルという名前で,ガカルは「怠け者」という意味。

ナカレツキナ 角を冠する王様がおさめる閉じた星。第8銀河公用語でナカレツキナは「嵌め殺しの窓」の意。

巨人の足跡星 真水の海と砂浜がある局長とマルコのお気に入りの星。昔は体の大きな種族が住んでいて,彼等の都市は海の中に沈んでいる。第8銀河の始まりからある古い星で,惑星アルトイオが正式名だが,皆「巨人の足跡星」と呼ぶ。

ノーシカ 局長が初めて作った星。どの星からも遠い孤独星。番人が一人で住んでいる。

カロヌ星 海に覆われたサメの星。

コロイヤ 「妖精の糸」と呼ばれる第8銀河一強い糸を紡ぐ種族が暮らす星。トリモドキグサという飛ぶ植物がある。

テキュー 第11銀河にある地球の双子星。地球と共に「上の人」が作った。

塩の星 マルコの前任バローラがナナギのために作った塩の塊の星。

エラッケ星 星の中が空洞。宙に浮くエラッケ星人は空洞の中のプレートで暮らす。ピアノとそっくりな音を出す楽器がある。

ハッピーエンドの星 局員番号8720988,ソダカ星人アオルミー・ガーが退職祝いに作った星。

マクク 住人には角がある。婚礼前夜の娘は,兄役の青年に山の上で悩みを打ち明けてきもちよく婚儀に備えるしきたりがある。

モ・サ 代表的な果実トカノイヨの収穫解禁を祝ってトカノイヨパイを食べる習慣がある。

モルカルサ 彗星が接近した閉じた星。

地球 第143銀河のマルコの故郷。


用語

局員 星を育てて管理する。出身惑星の10年間が任期で,任期中は自分の星には帰れないが,死ぬこともない。死んでも復活し,その際には莫大な死亡手当が出る。また全ての星の人の言葉がわかる。自分が暮らした文明レベルより上の星はなかなか上手く作れないらしい。退職祝いに好きな星をひとつもらえる。

ヨルワンガ(泥棒の胃袋) 星の間を彷徨い壁をすり抜ける幽霊の魚。大切なものを盗っていくという伝説がある。

ルイカノティー 局長が淹れるリラックス効果があるお茶。マテ茶に似ているけれど,濃く抽出されて苦くなりがち。

アカメフカノムシ ケデルの持ち出し禁止の寄生虫。生物の細胞の時間を止める。

ミニスナヒモエビ モンゴリアンデスワームに酷似している。昔ペットとして流行した。

ガカルに気をつけて 「知らない人に付いて行ってはいけません」という意味で,開いた星で小さな子へ言う「いってらっしゃい」のおまじない。

ローデルオー ユノ・ザ星人の船。美味しいと思うものを食べさせてくれる。

『大冒険!宇宙探偵ゴーティオ』 ミルカ・ウズ・エオノッカ著。120年前に発行されて人気を博した児童書。全75巻に外伝5巻,公式データブックなどが発売されている。主人公のゴーティオ・ブロンガは,デオルバック号に乗って宇宙をかけめぐり,あらゆる星で依頼を解決してまわる若きエレノス星人。デオルバック号は「宙を翔る豪邸」と呼ばれる。モボー星人のジョーとAIのシュテッテレナス氏が相棒。第63巻の釣り好きププローの物語にユウレイネコの幽霊魚(カウポスィカ)が出てくる。

『カウポスィカの星巡り紀行』 57年前に自費出版されたエッセイ集。著者の本名など詳しいことはわからない。

199年セミ 通称ヒキャクゼミ。199年周期で一斉に羽化し,惑星トコ・ガと惑星アオ・ツの間を惑星間飛行をする大型の昆虫。10万匹に1匹の割合で200年蝉というのが混じっている。

第8銀河 マルコたちモスリ局員が管理する銀河。長い間星間戦争が起きていない呑気な銀河。凶悪事件は滅多に起こらない。

第6銀河 宇宙戦争の最中。ルトイヤ支局には32名の局員がいる。

第11銀河 テキューがある銀河。

第143銀河 地球がある銀河。

 何回読み返しても楽しい物語だと思う。
 読み終わったとたんに,もう一度最初から読んでしまったから。