陸蒸気はじめました。【増補版】

「日本の鉄道の父」井上勝を中心に描いた明治鉄道はじめ物語

  • 陸蒸気はじめました。【増補版】(全2巻)
  • 著者:相生リサコ
  • 媒体:電子書籍・オフセット印刷など

陸蒸気はじめました。【増補版】

 鉄道の父,井上勝(1843~1910)。
 長州ファイブ(長州五傑)の一人として,井上勝は伊藤博文らと共に鎖国中だった江戸時代にイギリスへ密航留学。帰国後,紆余屈折を経てイギリス人のエドモンド・モレル(1840~1871)と共に新橋から横浜まで,日本の最初の鉄道の礎を築いた。

 鉄道の父として知られる井上勝だが,視察に訪れた岩手県で牧場を開くことを思い付き,小岩井牧場の創始者にもなっている。

小岩井農場の歴史|創業者の思い

 現代風にギャグ満載の軽いノリで描かれていながら,押さえるべき史実はしっかりと押さえてある。鉄道マニアでもなく予備知識もなかったが,面白く読むことができた。

 とりあえず,東京駅の井上勝像と,桜木町駅のモレルの碑・鉄道発祥記念碑を見に行きたいものだ。


続・陸蒸気はじめました。【増補版】

 続刊は,東京―横浜が開業したあとの物語。

 鉄道事業は,関西や東海道,東北や中山道など日本各地へ広がっていく。井上勝は相変わらずのポジティブパワーで事業を切り開き,スパルタで技術者達を育てあげる。しかし,鉄道長官を辞任し政府を去った後も,何故か部下達には慕われて個人的なつきあいが続いた。
 そして最後まで鉄道との縁のもと,鉄道視察に行った懐かしのロンドンで持病が悪化し客死したのだった。66歳の若さだった。
 亡くなって4年後には東京駅に勝像が建てられ,怒りっぽくて頑固者だったが,多くの人に慕われ尊敬されていたことが窺える。

 著者は後書きで,「史実をもとにしたフィクションとしてお読み下さい」と書いている。
 そのように読んだつもりだが,今まで知る機会が無く知ろうともしなかった鉄道の歴史のこと,この本以外では語られてもいないであろうマイナーな人物達の仕事について分かって良かった。

アニメ覚え書き(2021年01月~03月)

旧作も含めこの期間に見終わったアニメの備忘録。

ひぐらしのなく頃に業

 2020年秋から2クール。伝説の名作の新たなアニメ化で最後の謎解きまで終わるのだろうと期待して見たのだが,沙都子の物語だった。何だか中途半端なよく分からない状態で終わってしまった。続きは? 作品が複雑で難しくて一度さらっと見たくらいでは理解が足りなすぎたのかも知れない。


イエスタデイをうたって

 漫画原作,2020年春アニメ。Netflixにて視聴。
 舞台は2000年代の世田谷区あたりらしく,コンビニはあるが家にはまだプッシュフォンや黒電話やブラウン管テレビが存在する。主人公の住むアパートにある炬燵やファンシーケースは昔の大学生の下宿の部屋のようだし,エンディング画面にはゼビウスに似たゲーム画面が出てきたりしてノスタルジックな雰囲気。登場人物たちの生き方を描いた真面目な作品だった。  ただ,ハルちゃんや浪くんみたいなぐいぐい来るキャラクターは苦手だし,リクオや榀子みたいなうじうじハッキリしないキャラクターも苦手なもので,メインキャラ4人を誰も好きになれず,そのため共感もできずに終わった。


進撃の巨人 第4期 Part.1

 大人になったエレンが兄のジークと交流を持つようになり,壁の外の世界のことが描かれるようになり,巨人との戦いというより,巨人という存在に対する価値観の戦いになっていく。主要人物の死や,揺るぎないと思われたエレンとミカサとアルミンの間での断絶など,相変わらず暗く重い物語が続く。
 原作も最終回を迎え,次シーズンが楽しみだ。


裏世界ピクニック

 ハヤカワ文庫のミステリーが原作。原作は読了していたので楽しみに見たのだが,原作ほど怖くなくて残念だった。視覚化された裏世界を見られたのは良かったと思う。小桜の日高里菜さんがすごくイメージ通りだった。


ホリミヤ

 原作は『堀さんと宮村くん』というWebコミック。何故アニメの表題はホリミヤにしたのだろう。2021年冬アニメ。Netflixにて視聴。
 高校3年生を描いた学園恋愛もので,安心して楽しめるアニメ。それにしても高校生のうちからみんなでもっと遊びに行けば良かったとか,卒業してもみんな友達でいつでも会えそうなところとか,関東だよねと思う。都会から遠く離れた進学校なら,卒業後はみんな日本各地にバラバラで滅多に会えなくなるし,超絶車社会なので高校生の時にみんなで遊びに行く場所とかないですよ。


アオハライド

 原作は『別冊マーガレット』の漫画(2011~2015)。2014年夏アニメ。
 何かラブコメが見たくて適当にNetflixにて視聴。女の子3人に男の子2人で同じ人を好きになったり,男の子のお母さんが亡くなってたり,『星の瞳のシルエット』を彷彿とさせた。まぁ普通に面白く見たけれど,今ひとつ入り込めなかった。私は『星の瞳のシルエット』の方が好きだな。でもアニメの先に随分と複雑な人間関係が待っているようで,原作を読んだらもっと深く楽しめるのかも。


ログ・ホライズン 円卓崩壊(第3シリーズ)

 原作は「小説家になろう」の小説。第1シリーズ放映は2013年,第2シリーズ放映は2014年ですっかり忘れていたので,事前に第1・第2シリーズを見て視聴した。
 レイネシアに結婚話が持ち上がり,大地人との関係を巡って対立し円卓会議も崩壊。クラスティが消えたD.D.Dは解散している。クラスティは中国サーバーに転移していたことが判明。最古の古来種レリア=モフール&リトカ=モフール姉妹がログ・ホライズンに加入し,ミノリはシロエに習ってレイドマスターを目指して頑張る。原作が完結していないこともあり,今回も中途半端な状態での終了になったと思う。


Re:ゼロから始める異世界生活 第2期後半

 パックが去り,スバルとの絆が深まったエミリアは試練に挑戦。
 ガーフィールとフレデリカの過去,ロズワールとベアトリス,聖域のまとめ役であるリューズと強欲の魔女エキドナの過去。試練の中で見えてくるエミリアの過去。
 あらゆる過去が明らかになり現在と繋がって終わりへと向かった。しかし聖域が出てきてから話がややこしく,理解ができないままに終わってしまったのと,レムの問題は解決しないままだったのとで,消化不良。長い物語の最終回は大して感動も感激もなくて残念だった。


OVA:Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆

 Netflixにて視聴。氷の中から目覚めたエミリアがパックと契約するまでの物語。エミリアの出生やパックの存在については貴重な情報で,リゼロの根幹にも関わる物語とも言えるのではないか。パックとの契約が解除される第3期の前に見ておくのが良い。


ゆるキャン△ SEASON2

 年末のアルバイトに勤しむなでしこに千明。初日の出を見るためのソロキャンを計画するリン。リンは少し性格がまるくなったようだ。
 なでしこが可愛いので許すが,ファンタジーとは言え女子高校生にソロキャンをさせるのはどうかと思う。あと,見延から御前崎や石廊崎まで高校生が原付で行くのは無謀だと思う。大学生という設定なら全部OKで憂いなく見られるのに…。まぁ文句や違和感は我慢するとして,風景は綺麗だった。


転生したらスライムだった件 第2期第1部

 登場人物が多い上に前回の視聴から時間が経っていて,ウルフやゴブリンやオーガなど主要人物以外は誰が誰だかよく分からずに見たが,あまり問題ではなかった。新たな敵の登場とリムルの本気の怒り,リムルの進化。7月からの第2期第2部では次の戦いが始まる。


のんのんびより のんすとっぷ(第3期)

 相変わらずれんげは小学校1年生だし,蛍は5年生,越谷家の兄妹はみんな中学生だ。夏海・小鞠の兄の卓(すぐる)が卒業し,綺麗にラストを迎える。ひか姉やこのみなど高校生や,れんげより1歳下のしおり,駄菓子屋の楓など,メインキャラの5人以外の人物が登場する機会が増えた。


ワールドウィッチーズ発進しますっ!

 2019年放映『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』に続くストライクウィッチーズの日常もので,501部隊と502部隊の物語が交互に放映される形式。しかし501に比べると502は馴染みが薄い上に全体的にキャラも薄いので,501と並べるてキャラクター劣化コピーぶりが際だって残念な感じだった。501だけで良かったのでは…。


八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ

 今まで通り八十亀ちゃんを愛でつつ静岡も加えた東海4県について面白おかしく知っていくシリーズ。予算削減なのか,1期や2期の番組後にやっていたオマケコーナーが全く無くて残念だった。続きも期待。


五等分の花嫁∬

 一応,1期の冒頭の結婚式の場面に辿り着いて終了。
 しかし,結局ぼかされていて,結婚相手が誰だったのかわからなかった。五月? でも写真の女の子は四葉だ。最終回まで見たのに結婚相手が誰だったのかわからず,ネットで調べる始末。もう少しわかりやすく…。。。  そもそも風太郎があまりにも魅力ない男だったので,姉妹達の気持ちに同調できなかったのも問題だった。


PUI PUI モルカー

 羊毛フェルトで作ったモルモット形の生きている車が色々なことをする3分アニメ。子供向けのようだがネットで話題になったので視聴。


はたらく細胞!!(第2期)

 たんこぶやニキビ,獲得免疫やピロリ菌,乳酸菌に始まり,最後は二度目のがん細胞との戦い。


はたらく細胞BLACK

 不健康な生活をしている身体の中の物語。喫煙やアルコール,カフェインの影響,性的興奮状態の仕組みや脱毛,淋菌,更に肺血栓や胃潰瘍,痛風,心筋梗塞と,身の毛もよだつ状況での細胞達の活動が描かれる。まじブラックだ。だが本編と同じく分かりやすく説明されていて勉強になる。


無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜

 今の段階では未だよくある異世界チートもの。中の人(前世)の杉田智和さんが実に良い味を出しているので見ることにした。物語が進んでようやく単なる異世界チートものから脱却し独自の世界観が見えてきて,物語が面白くなりそうだったのに,そこで終わってしまった。続きを期待したい。


怪物事変

 ひたすらアメリカンなピザ(イタリアンなピッツァではなく)を食べたくなるアニメ。原作は『ジャンプスクエア』で現在も連載中。人間界に共存する怪物(けもの)たちの物語。
 主人公の13歳の少年夏羽(かばね)は,人間と屍鬼(クーラー)を親に持つ半妖。叔母の家で酷い暮らしをさせられていたのを化狸である隠神(いぬがみ)に助けられ,隠神の探偵事務所で働くことになる。探偵事務所には様々な怪物案件がやってくる。また,同僚である蜘蛛(アラクネ)の織(しき)や雪男子(ユキオノコ)一族の晶(あきら)にも各々の辛い物語がある。


この音とまれ!

 第1期は2019年春,第2期は2019年秋。原作は『ジャンプスクエア』で現在も連載中。
 高校生の部活もの。廃部寸前の部に才能がある人物や問題児が入部したり,先生の指導力が半端じゃなかったりで見る見る這い上がっていく典型的な青春ドラマだが,部活の内容が「琴」というのが珍しい。琴の音色など真面目に聞いたことがなかったので,聞く機会になって良かったと思う。典型的な部活青春ものだが,登場人物一人一人は魅力的でキャラが立っており,物語も面白い。