本の記録(2022-04)

 専門書など時間がかかる本を読む傍らの気分転換に読んだコミックばかり読了したので,コミックしか読んでいないような記録になってしまった。

 『大砲とスタンプ』も『長閑の庭』も,数年に一度は読み返したくなる。
 『長閑の庭』は恋愛コミックといえば確かにそうだが,各々が真剣に自分の気持ちと向き合おうとする姿に毎度背筋が伸びるような気持ちになる。


4月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:2031
ナイス数:35

大砲とスタンプ(6) (モーニングコミックス)大砲とスタンプ(6) (モーニングコミックス)感想
 4回目の再読。  放送局の暗号解読や要塞祭り。レジスタンスのおっちゃんの人間性が感じられたり,コースチャの活躍が見られたりが楽しい。そしてカタクリコ鉄橋に中隊長の初出場,黒死病連隊とグロム中佐と羊飼い作戦。
読了日:04月01日 著者:速水螺旋人
大砲とスタンプ(7) (モーニングコミックス)大砲とスタンプ(7) (モーニングコミックス)感想
 3回目の再読。  「祖国の人びとのかわりに無辜の者を殺し街を焼き孤児をつくる その代わり格好良い制服と勲章がもらえる それが将校だ」というラドワンスカ。そうは思わないというキリール。傷心で故郷へ帰省し,映画館のドプチンスキイ神父の招集で色々考えるマルチナ。  ラドワンスカの昇進パーティーやステテコ島気象隊への補給作戦など。
読了日:04月02日 著者:速水螺旋人

大砲とスタンプ(8) (モーニングコミックス)大砲とスタンプ(8) (モーニングコミックス)感想
 3回目の再読。  「聖戦の女神像」と聖職者たちのこと,大尉への昇進とパレードに転属命令のこと。戦争が終わった後のみんなの夢。  スィナンとキリールとマルチナの関係も変わっていく。
読了日:04月04日 著者:速水螺旋人

大砲とスタンプ(9) (モーニングコミックス)大砲とスタンプ(9) (モーニングコミックス)感想
 3回目の再読。何度読んでも面白いし最終巻は切ない。  戦争では一瞬前まで横にいた仲間が次々と死んでいくし,破壊され略奪され消滅する。アゲゾコに共和党軍がやってきたあとの街の様子は,ここ最近メディアで見かけるマリウポリとそっくりで,どう表現したら良いか分からない気持ちになった。戦争が終わり,生き残った者は各々の人生を新たに紡ぐ。その片鱗を過多にならず少しだけ見せてくれるところが読後感を広げてくれていると思う。
読了日:04月06日 著者:速水螺旋人

ひとりでしにたい(1) (モーニングコミックス)ひとりでしにたい(1) (モーニングコミックス)感想
 孤独死をテーマにした希有なコミックということで興味を感じて読んでみた。独身生活の主人公は憧れのキャリアウーマンだった伯母さんが孤独死したことをきっかけに色々考えるようになる。  自分もいつか孤独死するだろうと思いつつも,何を考えたら良いのかも分からず故に何も考えてこなかったが,考える糸口を掴むきっかけにはなりそうだ。内容は普通に面白かった。できれば続きも読みたいと思う。
読了日:04月07日 著者:カレー沢薫,ドネリー美咲

その着せ替え人形は恋をする 9巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)その着せ替え人形は恋をする 9巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)感想
 まりんちゃん太る! 念願の物を手に入れて新しい楽しさを発見! また新しい出会いがあり世界が広がっていく。次巻が楽しみだ。
読了日:04月08日 著者:福田晋一
長閑の庭(1) (Kissコミックス)長閑の庭(1) (Kissコミックス)
読了日:04月09日 著者:アキヤマ香
長閑の庭(2) (Kissコミックス)長閑の庭(2) (Kissコミックス)
読了日:04月10日 著者:アキヤマ香
長閑の庭(3) (Kissコミックス)長閑の庭(3) (Kissコミックス)
読了日:04月11日 著者:アキヤマ香
長閑の庭(4) (Kissコミックス)長閑の庭(4) (Kissコミックス)
読了日:04月11日 著者:アキヤマ香
長閑の庭(5) (Kissコミックス)長閑の庭(5) (Kissコミックス)
読了日:04月12日 著者:アキヤマ香
長閑の庭(6) (Kissコミックス)長閑の庭(6) (Kissコミックス)感想
教授が元子にスノードームを渡すところは涙なしでは読めない。
読了日:04月12日 著者:アキヤマ香
長閑の庭(7) (Kissコミックス)長閑の庭(7) (Kissコミックス)感想
3年ぶりの再読。悲しく美しく切なく希望がある最終巻だ。田中さんに幸せを。
読了日:04月13日 著者:アキヤマ香
月曜日のたわわ(1) (ヤングマガジンコミックス)月曜日のたわわ(1) (ヤングマガジンコミックス)感想
 もともとTwitterでもフォローしている知ったコンテンツではあったが,漫画は読んだことなかった。新聞広告で騒いでいる人たちがいて話題になったせいか,1巻が無料になっているのがAmazonで浮上していたので読んでみた。巨乳の女性ばかり出てくるが別に文句をつけるような内容とは思えない。IカップとかJカップなんてブラジャーがあることを初めて知った。重そうだ…。ヒロインのアイちゃんは実に可愛いと思う。
読了日:04月16日 著者:比村奇石

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 24 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 24 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)感想
 石神君とこばちとミコちゃん。後輩達の成長を助けようとするかぐや。かぐやを心配する校長に四条家の姉弟…。物語が最終章に向かって動き出した。
読了日:04月17日 著者:赤坂アカ
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 25 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 25 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)感想
 四宮家と四条家の闘争からかぐやを救い出すプロジェクトの始まり。続きは怒濤の展開が待っていそうだ。
読了日:04月17日 著者:赤坂アカ

読書メーター

アニメ覚え書き(2022年1月~3月)

鬼滅の刃 無限列車編・鬼滅の刃 遊郭編

 無限列車 2021年10月10日~11月28日。dアニメストアで視聴。
 遊郭 2021年12月5日〜。dアニメストアにて視聴。
 あまりにも有名すぎてコメントする必要もあるまい。各々見応えはあったし面白かったし続きも気になる。少年漫画的な戦闘とかそういうのはどうでも良いが,炭治郎にしろ鬼殺隊の面々にしろ鬼たちにしろ,彼らの人生の物語と共に心の言葉を聞けるのが哲学的だと思う。


CUE!

 2022年1月〜放映中。
 2クール作品だが,第1話を見ただけで続きを見る気になれず切ってしまった。気が向いて続きを見る気になったら改めて感想を書こう。


月とライカと吸血姫

 2021年10月〜12月。dアニメストアにて視聴。原作はガガガ文庫のラノベ。
 表題からしてガガーリンの時代のソ連宇宙開発を題材にしたファンタジーで,実際その通りで,期待通りに物語は進んで終わった。だが主役の二人は好感が持てる性格だしそれなりに楽しんで視聴した。ヒロインのイリナを演じるのが林原めぐみさんで,単なるツンデレ少女ではなく渋く深みがある演技で良かった。


東京リベンジャーズ

 第1期:2021年4月11日〜9月19日。dアニメストアにて視聴。
 暴走族とか不良とか興味ないよねと思って放映当初無視していたが,人気作品のようだったので見てみた。原作は『週刊少年マガジン』だし,ビシバシの熱い少年漫画という感じなのはついていけなかったが,人気作品だけあって面白く,続きが気になって2クールしっかり見てしまった。原作は連載中のようだが,完結までアニメ化してほしい。


サクガン

 2021年10月〜12月。『マクロスF』や『モーレツ宇宙海賊』などの株式会社サテライトによるオリジナルアニメ。SF小説『削岩ラビリンスマーカー』(戌井猫太郎著)が原作。
 天才少女メメンプーと父親のガガンバーの冒険の旅を描く。世界観は興味深いが,よくわからないうちに終わり,このままでは雰囲気だけアニメという感じだったので,続きを作って欲しい。


その着せ替え人形は恋をする(そのビスク・ドールはこいをする)

 2022年1月〜。冬アニメで一番面白かったので原作を全冊買ってしまった。原作は『ヤングガンガン』の漫画。
 コスプレをしたい少女喜多川海夢と,人形師を目指している少年五条 新菜が好きなキャラクターになるために創意工夫しコスプレを実現させる。コスプレの世界のことが色々分かるのも面白いし,主人公の二人も愛らしい。このまま原作も読み続けていきたい。


異世界美少女受肉おじさんと

 2022年1月〜。原作はWebコミック『サイコミ』で連載中の漫画。
 32歳会社員のおじさん二人が異世界に行って冒険をする。元々親友同士だった彼らだが,片方は金髪美少女の勇者に,片方は無敵の勇者の武器役の男性として。ものすごく馬鹿馬鹿しい設定の通り,良い意味で非常に馬鹿馬鹿しくかなり楽しんで視聴した。続きが作られるなら見ると思う。


プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2(第2期)

 第1期:2020年4月〜6月,第2期:2022年1月〜3月。
 第1期のことはすっかり忘れていたが,あまり問題にならなかった。元々ゲームをやっている人向けのアニメという感じで登場人物(ほぼ美少女)がやたら多くて覚えられないし,ユウキ・ペコリーヌ・キャル・コッコロ以外はその他大勢ということで>< 何か良い感じに終わったのでアニメとしては完結なのかな。


からかい上手の高木さん3

 2022年1月〜。
 いつも通り「こんなリア充な中学生がいるかよ!」って感じの高木さんだったが,最終話は原作とは違った感じで締まっていたのでアニメとしてはこの第3期で終わりということだろうか。


ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜

 2022年1月〜。
 原作は『モーニング』に連載中の漫画。著者は元女性警察官ということで,内容はとてもリアル。未知の世界だった警察の仕事のことが興味深かった。もの凄く大変そうだ。世の中には警察官をやってくれる人たちがいて本当に良かったと思った。私には完全に無理な世界だ。


明日ちゃんのセーラー服

 2022年1月〜。1話しか見ていない。気が向いたら続きを見るかも。原作は『となりのヤングジャンプ』に連載中の漫画。


スローループ

 2022年1月〜。原作は『まんがタイムきららフォワード』に連載中の漫画。
 釣りが趣味の女子高校生達の釣りの日々を描くという,ほぼありえない設定。釣りのことなど全く知らないので前半は興味深く見ていたが,だんだん釣り初心者向けレクチャーみたいになって後半は理解できなくなってきた。でもまぁ概ね面白く見た。女子高校生がソロキャンするより現実的なのでは。


リアデイルの大地にて

 2022年1月〜。原作は「小説家になろう」にて連載されたラノベ。dアニメストアで視聴。
 長く入院生活を送っていた主人公はVRMMORPG『リアデイル』に入り浸りの廃ゲーマーだったが,身体は死亡し本人の魂?がゲームの中に復活。廃ゲーマーでゲームの中に7人しかいないレベル限界突破者だったため,ゲームが現実になった世界でも破格のスペック。皆に重宝されて世界に溶け込んでいく,よくある異世界転生万能系。何でも上手くいく主人公を見て和みたい時に見る感じのアニメ。