電脳コイル

 12年前にNHK教育の夕方枠で放映されたアニメ作品。dアニメストアで視聴した。

  • 放映:2007年5月12日~12月1日
  • NHK教育 土曜日18時30分
  • 全26話

 電脳技術が普及した2020年代が舞台で、「電脳メガネ」をかけると現実世界と重ねて電脳情報が表示されるようになっている。小学生たちは「メガネ」が大好き。現実世界は日々変化し、電脳世界も新しく更新されていく。しかし消されずに残った古い情報がバグとなって子供達の興味と遊びの対象となっていく。おかげで出てくる子供達はみんな眼鏡っ子。メガネフェチの人にお勧め?

 2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞・第7回東京アニメアワードTVアニメ部門優秀賞・第39回星雲賞メディア部門・第29回日本SF大賞などを受賞し、未だ業界の目標になっているような伝説のアニメだけあって色々と凄かった。決して忘れられないだろう。2007年と言えばまだスマホもなかった。ニコニコ動画が始まって初音ミクが生まれてワクワクしていた頃だ。その頃に作られた作品とは思えないほど正確に近未来が予想され描かれている。
 アニメの物語構成もよく練られている。26話をかけて丁寧に作られており、前半は登場人物たちと世界観をゆっくりと説明、途中から怒濤の展開で息もつけなくなる。夕方枠で小学生を対象に作られているはずだが、これを小学生の頃に見たら恐ろしくて夜トイレに行けなくなったのではないか?
 主人公が小学生だったり、作画が優しくノスタルジーだったりすることに騙されてはいけないハードSFだ。小学生に理解できるのかとも思うが、こういった先端分野は小学生の方が理解できるのかもしれない。

 理解が足りない部分が多々あったので続けて2周目を見ようかと思ったが、画質がイマイチだったのでBlu-rayBOXを買って2周目はそちらで視聴する予定で現在到着待ち。
 綺麗に終わるラストだったが、ヤサコとハラケンよりヤサコとイサコの関係の方が私には遙かに気になったのだった。

 そう、登場人物の名前が昭和中期?って感じなのが良かった。ユウコ・フミエ・タマコ・キョウコ・ケンイチ・アキラ。イマドキのアニメにこんな古風な名前オンパレードは珍しいが、近未来というより昭和中期?ってなノスタルジックな風景にもよく似合っていた。
 「触れる物だけが真実」というヤサコの母親の意見は「ネットの友達は本当の友達ではない」と言いたがる人々と重なった。ネットに支えられて生きている私とそういった意見を持つ人々との間には、どうにも行き来できない深い溝があるよねと思う。

 SF、ハードなSFが好きな人にはお勧めのアニメだと思う。

最後にして最初のアイドル

『最後にして最初のアイドル 』 (ハヤカワ文庫JA)
 草野原々(くさのげんげん)
 早川書房 / 2018年1月25日発売

・第4回ハヤカワSFコンテスト特別賞
・第48回星雲賞(日本短編部門)
・第27回暗黒星雲賞(ゲスト部門)
・第16回センス・オブ・ジェンダー賞(未来にはばたけアイドル賞)

デビュー作で星雲賞受賞は
『神狩り』(山田正紀)以来で42年ぶりらしい。

星雲賞とは
前年の優秀なSF作品に贈られる賞のこと。
1970年以降、毎年日本SF大会の投票で選ばれている。
第1回星雲賞は、筒井康隆『霊長類南へ』。

以降の受賞作品を見ても
誰もが知っている作品が目白押しという名高い賞だ。

例えば小松左京『日本沈没』
田中芳樹『銀河英雄伝説』
カート・ヴォネガット・ジュニア『タイタンの妖女』
ダン・シモンズ『ハイペリオン』などなど。

「アイドル」なんて単語に騙されてはいけない。
本書はこれら名作と並ぶSFだと評価されているのだ。

「BOOK」データベースの説明では下記のように書かれている。

“バイバイ、地球―ここでアイドル活動できて楽しかったよ。”SFコンテスト史上初の特別賞&42年ぶりにデビュー作で星雲賞を受賞したの表題作をはじめ、ガチャが得意なフレンズたちが宇宙創世の真理へ驀進する「エヴォリューションがーるず」、書き下ろしの声優スペースオペラ「暗黒声優」の3篇を収録する、驚天動地の草野原々1st作品集!


「BOOK」データベース

確かにこの通りだが、
これを読んでもサッパリ分からないだろう。
表題作はもちろん、
収録されている3作品全てが
「読んで衝撃を受けるしか無い!」作品だと思う。
そう、正真正銘「衝撃のSF」なのだ。

ただ、非常に読者を選ぶ作品でもある。
馴染めない人は
徹底的に好きになれない可能性がある。

百合ありグロあり。
物語スケールはどんでもなく大きく
スコシフシギではなくハードSF。

語りはトントン拍子で、
壮大に広げた風呂敷は最後にキッチリ畳まれる。
爽快だ。
SFとして、物語として、発想として、
見事な手腕にあっけにとられる。

グロ場面に耐性がない方、
オタク文化に馴染めない方、
そんなにはお勧めできないと思う。

最後にして最初のアイドル

『最後にして最初のアイドル』(2016年)
「最初にして最後」ではなく「最後にして最初」。
ここが重要。

アイドルなんて単語に騙されてはいけない。
萌え要素などを期待してはいけない。
『ラブライブ!』の二次創作だからって、
矢澤にこ&西木野真姫の百合物語だなんて思ってはいけない。
ガチSF(褒め言葉)で科学要素でバッチリ固められ、
さらに滅多にないほどグロい!

著者自身の言葉によると、

「オラフ・ステープルドンの『最後にして最初の人類』『スターメイカー』をモチーフにして、宇宙と意識とアイドルの謎を解き明かす作品」
「実存主義的ワイドスクリーン百合バロックプロレタリアートアイドルハードSF」

ということだ。
私はオラフ・ステープルドンを読んだことがなく、
この言葉を理解できないが,
実に「宇宙と意識とアイドルの謎を解き明かす」作品だったと思うし
全くもって想像を絶する方法でそれは解き明かされた。

エヴォリューションがーるず

『エヴォリューションがーるず』(2017年)
テーマは、ガチャ回してなんぼのソシャゲ。
古代生物が「がーるず」という女の子になるゲームだ。
人気アニメ『けものフレンズ』を彷彿とさせる世界観!
……と思いきや、異世界転生モノで、
やっぱりいきなり非常にグロい!
そして百合?!

ソシャゲがテーマは最後まで変わらないのだが、
元が古代生物テーマのソシャゲなだけに
生物学的な側面が色々描かれるのは勿論、
最後は宇宙的哲学にまでたどりつく。
SFでありファンタジーでありスペースオペラ。

ソシャゲ──それは魂の自由意志エネルギーを搾取するために進化が進化して作り出した器官である。承認を 餌にして魂を呼び寄せて自由意志エネルギーを捕食するのだ。

位置 2114

ああとにかく読んで!
そして凄さを分かって!

それくらい想像済みで読み始めたのだが、
やはり凡人の想像など軽くかわしてくれた。

暗黒声優

『暗黒声優』(書き下ろし)
もちろん「声優」という単語に惑わされてはいけない。
昨今よくある声優モノのはずがない。

声優がもはや人間とは別枠生物になっている!?
兎にも角にも物理法則が全く異なる世界の物語だ。
だが「熱川 バナナワニ園」が存在する。

いやバナナワニ園はともかく、
声優が声を出せば死がもたらされる世界なのだ。

最後にはこの世界の物理法則が、
宇宙創成時代の出来事から順を追って解き明かされる。

当然ながら本作品でも
オタク世界のパロディは各所に健在だ。

「もしかして、その骨──スズカさんのカップリング相手、エリエリこと 不知火 エリナさんのものですか!」  サチーはさっきからマタタビにやられた猫のようだ。 「そうだよ。エリナはそのあだ名好きじゃなかったけどね」

位置 3386

これは『艦これ』の艦娘
「ぬいぬい」が気に入らない不知火のことでは?

オタク文化が大好きでハードSFが大好きで
グロや百合もいとわないキミ!
そんな君に超絶お勧めな1冊だ。