10年前のロンドンで

 10年前の12月。
 特に狙ったわけでも無かったが,たまたま訪れたのがクリスマスの季節だったので繁華街のイルミネーションは是非見ておこうと思った。

 日暮れを待って出かけ,オックスフォード・サーカス駅で地下鉄を降り,ピカデリー・サーカスへ向かってリージェント・ストリートを歩く。大通り全体を包み込むような電飾が施され,常日頃は黄色系で統一され落ち着いた雰囲気の街明かりに異色のエネルギーが与えられているような感じだ。
 落ち着きが無いが楽しい。

 繁華街はクリスマスの雰囲気を楽しんで歩く大勢の人たちで賑わっていた。

リージェント・ストリート(2011-12-05)
リージェント・ストリート(2011-12-05)

 10年経って,英国はEUを離脱。エリザベス2世が亡くなってチャールズ3世が即位した。コロナにウクライナでの戦争,エネルギー問題など世界はどんどん変わっていった。
 今年のロンドンはどんなクリスマスを迎えているのだろう。

永遠の談笑

 ブランドショップが軒を連ねるロンドンの中心街。
 ニュー・ボンド・ストリートの途中の少し道幅が広くなった場所に置かれたベンチで,チャーチルとルーズベルトが仲良く談笑している。

 日本人にとっては少々素直になれない感情が疼く二人だが,もちろん戦勝国側では戦争を終わらせた英雄,讃えられるべき絆だろう。
 そんな彼らも歴史になって,今や敵国だった国民の私などが気軽に写真を撮っている。

 澱むことなく去って行く時の流れを感じ,しばし佇んで彼らを眺めた。

Churchill and Roosevelt Allies Sculpture(2011-12-04)
Churchill and Roosevelt Allies Sculpture at New Bond Street (2011-12-04)

***
 過去の旅行を写真で旅する いつかの遠い街 シリーズ。
 気合い入れて撮った写真。
歩きながら適当にシャッターを切った写真。
何だか忘れてしまった写真。
色々ある中からたまたま目に留まった1枚をピックアップ!
***