本の記録(2022-12)

 まるでコミックばかり読んでいるようだが,裏でずっと『銃・病原菌・鉄』を読んでいる。その合間にコミックで気分転換をしていた。

12月の読書メーター
読んだ本の数:19
読んだページ数:3047
ナイス数:45

月の子 MOON CHILD 1 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 1 (白泉社文庫)感想
 大昔に持っていたコミックだが引越の時にやむにやまれず廃棄してしまい,kindle で見つけたので。人魚姫の物語。昭和63年ララ10月〜12月号,平成1年ララ1〜4月号掲載分。月を見てベンジャミンは?
読了日:12月01日 著者:清水玲子
月の子 MOON CHILD 2 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 2 (白泉社文庫)感想
 ショナの肩越しに月を見たベンジャミン。にがよもぎの星が来年(1986年)の春に落ちる夢。セツ助けたさに自暴自棄になるティルト?  今となっては古風な絵柄になるが,とても美しい。所々に挟まれる塗り絵も楽しい。
読了日:12月02日 著者:清水玲子
月の子 MOON CHILD 3 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 3 (白泉社文庫)感想
 気持ちを自覚するショナ。ショナとセツの出会い。セツのために道を踏み外すティルト。人間の青年ギルの運命は? 「ぼくは女の子なんだって」とジミー。新たなキャラクターが出てきて不穏な展開になっていく巻。
読了日:12月03日 著者:清水玲子
月の子 MOON CHILD 4 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 4 (白泉社文庫)感想
 ベンジャミンとアート,セツとショナ,ベンジャミンとショナ。関係が少しずつ変わっていく。ティルトは計画を進めていく。ホリーの弟とギル。1985年11月13日 コロンビアのネバドデルルイス火山泥流災害。女の人の時間が増えるジミー。
読了日:12月04日 著者:清水玲子
月の子 MOON CHILD 5 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 5 (白泉社文庫)感想
 ティルトはどうしてベンジャミンを嫌いになったのか。どうしてセツを嫌いにならなかったのか。思い出すベンジャミン。アートのオレンジを潰したマスコミの人たちとベンジャミン。ベンジャミンが意識的に物をこわした最初の瞬間…。
読了日:12月05日 著者:清水玲子
月の子 MOON CHILD 6 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 6 (白泉社文庫)感想
 ジミーは綺麗な女の人のベンジャミンが自分であることをアートに伝え,女の人の姿でアートと一緒にソビエトへ渡る。セツも追いかける。1986年1月28日チャレンジャー号の爆発事故。ギル(ティルト)にとってのリタの価値。
読了日:12月06日 著者:清水玲子
月の子 MOON CHILD 7 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 7 (白泉社文庫)感想
 ティルトの計画に気がついたベンジャミン。セツをニューヨークに帰そうとするティルト,ベンジャミンをニューヨークに帰そうとするアート。キエフに向かうショナ。ギルに注釈するリタ。  恋愛ってこの世で最悪な感情では?と思わされる巻。
読了日:12月06日 著者:清水玲子
月の子 MOON CHILD 8 (白泉社文庫)月の子 MOON CHILD 8 (白泉社文庫)感想
 1986年4月2日から。チェルノブイリの事故は1986年4月26日午前1時23分。その時刻に向かってベンジャミンもギルもアートもセツも動く。  そして,何百年も昔にかなえられる筈だった人魚の夢は。
読了日:12月06日 著者:清水玲子
伊勢物語など伊勢物語など感想
 短い手紙のような(というか手紙そのもの?)随筆。  伊勢物語の一部分を引用し,そこから広がった思考を書き留めている。「僕は、さういふ古代の素朴な文學を發生せしめ、しかも同時に近代の最も嚴肅な文學作品の底にも一條の地下水となつて流れてゐるところの、人々に魂の靜安をもたらす、何かレクヰエム的な、心にしみ入るやうなものが、一切のよき文學の底には嚴としてあるべきだと信じて居り」など,旧仮名遣いの文語調で読みにくいが哲学的視野が広がる。
読了日:12月08日 著者:堀 辰雄
模型の町 (楽園コミックス)模型の町 (楽園コミックス)感想
 「ここはどこでしょうの旅」シリーズに「模型の町」シリーズほか。主人公とレオナルド,そして「ローポポー」ないつも通りのいつも通りではない世界。
読了日:12月12日 著者:panpanya
軍師 黒田官兵衛伝 1 (ジェッツコミックス)軍師 黒田官兵衛伝 1 (ジェッツコミックス)感想
 『信長の忍び』にも出てくる軍師と名高い黒田官兵衛の焦点を当てた4コマ。相変わらず表題のつけかたが秀逸。播磨国で小寺家に仕える黒田官兵衛。播磨は織田と毛利に挟まれ苦しい立場だったが,官兵衛は織田につくよう小寺家を説得。岐阜へ赴き秀吉と懇意になる。が,愛息子の松寿丸を織田の人質に取られ,摂津国の荒木村重と小寺の裏切りに遭いピンチに…。
読了日:12月14日 著者:重野なおき
軍師 黒田官兵衛伝 2 (ジェッツコミックス)軍師 黒田官兵衛伝 2 (ジェッツコミックス)感想
 荒木村重の牢獄からの救出劇と再会。竹中半兵衛と黒田官兵衛の繋がり。牢獄経験で軍師として一回り成長した官兵衛の初仕事。新潟城兵糧攻め。そして物語は運命の年,天正10年(1582)を迎える。
読了日:12月15日 著者:重野なおき
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)感想
 色々あったが白銀はカリフォルニアへ出発。夏休みに入り,かぐやの父親,四宮雁庵が亡くなる。石神君とかぐや様の関係が素敵。お父様の写真撮れなくて残念だったね…。  千花ちゃんを見てつけ麺を食べたくなるラスト。
読了日:12月22日 著者:赤坂アカ
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 28 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 28 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)感想
 登場人物達それぞれの最終回。みんなの現在と未来が何となく少し見えたような見えないような,でもみんなのことを思い出しつつ卒業式を迎える。美しい終わり方だった。
読了日:12月22日 著者:赤坂アカ
果ての星通信1 (PASH! コミックス)果ての星通信1 (PASH! コミックス)感想
 久しぶりにマルコや局長に会いたくなった。
読了日:12月23日 著者:メノタ
果ての星通信【電子版特典付】2 (PASH! コミックス)果ての星通信【電子版特典付】2 (PASH! コミックス)感想
 ヨルワンガとマルコの心臓の物語が始まる。局長の変身とマルコの怖いもの。アルコールに弱い宇宙人たち(いやロシア人が強いんだろ?)。UMA(未確認生物)好きなマルコとモンゴリアンデスワーム。マルコの星作り。ドールハウスの星と寄生虫。キアラ星の少女と第8銀河図書館の入場券。市場の星(ルイナク)と銀河図書館。  2度目でも面白い。
読了日:12月25日 著者:メノタ
果ての星通信【電子版特典付】3 (PASH! コミックス)果ての星通信【電子版特典付】3 (PASH! コミックス)感想
 第6銀河出身のガカルとノッティカとの出会いと別れから,図書館で『宇宙探偵ゴーティオ』を調べ始めることに。第6銀河支局,惑星ルトイヤの局員の話。そしてマウーの幼稚園計画に星間旅行をする199年セミ。局長の休日とヨルワンガを釣るカノーウィ博士との出会い。だんだん局員らしくなったマルコ。
読了日:12月27日 著者:メノタ
果ての星通信【電子版特典付】4 (PASH! コミックス)果ての星通信【電子版特典付】4 (PASH! コミックス)感想
 マルコが局員になって2年が過ぎた。ナナギさんの局員生活は終盤。ヨルワンガ釣りの作戦は励行中。マルコは強い糸を求めて小さなコロイヤ星人たちを訪ねる。ボロボロのヨルワンガが何だか不憫に思えた2回目だ。ついに「上の人」が現れて…。  マウーは少し成長して初等教育校へ。第11銀河の惑星テキューやドールハウスの星ケデルで会ったあの人のその後,マルコが作った歌う幼星など。
読了日:12月29日 著者:メノタ
果ての星通信【電子版特典付】5 (PASH! コミックス)果ての星通信【電子版特典付】5 (PASH! コミックス)感想
色々エピローグの巻。気持ちよく2022年の読書仕舞いになった。
読了日:12月31日 著者:メノタ

読書メーター

車窓から街角の女性

 ペルー南部の街モケグア市内をバスで通り抜けていた。
 訪問の目的は皆既日食の観測だったので,撮影場所の下見やリハーサルなどを行わなければならない。こんなに遠くまで来たのに観光をする時間はほとんどなかった。

 なので,バスの中から街の様子を精一杯楽しんだ。
 ここは観光地ではないため,観光客向けの土産物屋などは一切無い。現地の人たちの生活の営みが淡々と流れている雰囲気が心地よい。

 だから,この女性達は別に観光客の目を引くためにこんな服装をしていたわけではないのだと思う。こういったカラフルな民族衣装を纏った女性の姿は,あちらこちらの街角で普通に見かけた。

  ISO100のフィルムにオートフォーカスでもないカメラ。
 走り去るバスの中からはこんなボケボケ写真が精一杯だった。

 けれど,こんな写真でも撮っておいて本当に良かったと思う。この写真が記憶の補完を手伝ってくれるから,この時の風景を細かく思い出せるのだ。
 彼女らの前には白いテントが2つか3つ。その下には靴や衣服などをワゴンに入れて並べただけの簡易な店が並んでいた。買い物客の女性が数人。どちらかというとお店の人の方が多かった。
 男の子を連れた彼女たちは買い物に訪れたところだったのだろうか?

モケグア@ペルー(1994-11-02)
モケグア@ペルー(1994-11-02)

 この日から30年近くの年月が流れた。
 きっと現地の様子もすっかり変わっていることだろう。

***
 過去の旅行を写真で旅する いつかの遠い街 シリーズ。
 気合い入れて撮った写真。
歩きながら適当にシャッターを切った写真。
何だか忘れてしまった写真。
色々ある中からたまたま目に留まった1枚をピックアップ!
***