下町風俗資料館 (1)

 上野の不忍池の畔に小さな博物館があります。

 「台東区立 下町風俗資料館

 気軽に短い時間で見学し、昔懐かしい文化を学べます。
 特に修学旅行生にお勧め!

  • 開館 9時30分~16時30分(入館16時まで)
  • 休館日 月曜日(祝日の場合翌平日)と年末年始・展示替期間
  • 料金 大人300円 小中高校生100円
  • 所在地 台東区上野公園2-1

 大正時代くらいまで下町に残っていた江戸の風情を残す文化。
 関東大震災と戦災により街は様変わりし、すっかり失われようとしていたそれらの文化の記憶を残しておきたいという願いから、貴重な品々の寄付が集まり、昭和55年(1980年)にオープンした資料館だそうです,

下町風俗資料館

 不忍池の南東角の建物で、昔ながらの円柱形の郵便ポストが目印です。

自働電話

 資料館に入って受け付けを済ませると、受付台の横に六角柱の形をした赤い電話ボックスがあります。明治43年から各地に設置された電話ボックスで、電話機は実際に触ってみることができます。

 「自働電話」の名前は、英語の「オートマティック・テレフォン」を直訳したもので、大正15年(1926年)頃に交換手を介さないダイヤル式の電話機が導入された頃から「公衆電話」と呼ばれるようになったそうです。

花緒の製造卸問屋

 電話ボックスの奥には花緒の製造卸問屋があり、当時の商家の様子を伝えています。
 「出桁(だしげた)造り」という作業場と帳場がある典型的な建物です。
 帳場には江戸の大店らしく、お酉さまの熊手が飾られていました。

 こちらは作業場。
 色とりどりの花緒が美しいですね。

花緒の製造卸問屋 作業場

 商家の向かいには長屋が建ち、長屋の庭先に小さなお稲荷様が祀られています。

長屋の奥のお稲荷様

 卸問屋の向かいの狭い路地に囲まれて建つ長屋は、薄壁で2件に仕切られ、駄菓子屋を営む母娘と、銅壺(どうこ)屋の職人一家4人が住んでいるという設定です。
 こちらは銅壺屋の作業場。
 銅壺とは銅板で作った湯沸かし器のことで、他に鍋ややかんなど、銅で作る器具の製造や修理を行う、庶民に欠かせない仕事でした。火を扱う職人の職場らしく、火の神様が祀られています。

 こて、やっとこ、金切り鋏、万力、るつぼ等々の道具が並んでいます。

銅壺屋の作業場

 長屋の横の路地。
 ホオズキやアロエは今でも下町の路地で見られますね。

長屋横の路地

 駄菓子屋さんの商品棚。
 シールにお面、折り紙に紙の着せ替え人形などなど。
 子供だったら何時間見ても見飽きない宝物が、所狭しと並んでいます。

駄菓子屋さん
駄菓子屋さん

 お店や住居の中には自由に入り、じっくり見学することができます。
 これらの品々は皆、かつて大切に使われていたものです。

 資料館の1階は問屋さんと長屋だけ。次回は2階部分の展示をご紹介します。

One Reply to “下町風俗資料館 (1)”

コメントは受け付けていません。