『寄宿学校のジュリエット』

2018年秋アニメ。
Amazonプライムビデオ・ビデオマーケットで配信中。

原作は、金田陽介氏によって
別冊少年マガジン → 週刊少年マガジン連載中の漫画。

内容は、表題で想像する通り。
シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』のように
敵対している相手集団に属する相手との恋仲が題材。

寄宿学校ダリア学園は、敵対する2つの寮生で成り立っている。
東和国の学生たち=「黒犬
ウェスト公国の学生たち=「白猫

が、黒犬リーダーである犬塚露壬雄
(いぬづかろみお、以下ロミオと書く)は、
白猫リーダーのジュリエット・ペルシアにぞっこん!

ロミオは恋の病と心中する乙女のようなロマンチストで、
ジュリエットと一緒に過ごすための努力に余念がない。
真面目なジュリエットはそんなロミオに惹かれていく。

ロミオのそばには、
幼なじみの美少女、狛井蓮季(こまいはすき)。
黒犬寮の監督生には美少女双子姉妹、
王胡蝶(ワンコチョウ)と王手李亞(ワンテリア)。

ロミオの兄で黒犬寮の監督生代表、
犬塚藍瑠(いぬづかあいる)はクールな美男子。

ジュリエットのそばには
彼女の親衛隊のスコット・フォールドという眼鏡美男子。
ジュリエットの幼なじみでウェスト公国王女でもある
シャルトリュー・ウェスティア。

様々なタイプの美少女やイケメン男子が登場する
絵に描いたようなお決まりストーリーな気がして
すぐに飽きて見るのを止めるかも?と思いつつ見はじめた。

が! このアニメ、実は声優が超絶豪華なのだ!
どれくらい豪華かって、もう身震いするほど。
メインキャスト声優陣の顔ぶれを見たら、
このアニメを見ない選択肢がなくなるくらい。

王道ストーリーで私が好む分野でもないのに、
退屈せずに最後まで見てしまった。

ついでに言うと、
オープニングとエンディングも気合いが入っている。
オープニングはfripSide、エンディングは飯田里穂さん。

声優の力の凄さを思い知るアニメだった。
原作はまだまだ続いているようだし、ノベライズもされている。
ロミオとジュリエットはこの先益々活躍し、
人気作品なのだろう。

気楽に楽しめる学園ものなので、
頭を空っぽにして楽しみたい日なんかにお勧めだと思う。

美しく機能的な省スペースハンガー

ネットを見ればお勧め情報が満ちあふれていますよね。

マーケティングのジャムの法則じゃないけれど、
多種多様の情報は、見ているだけで疲れる。
だんだんどうでも良くなる。
うんざり!

なので一つだけ。
長年探し回って、使って試し、
「よしこれだ!」と心から納得して揃えたハンガー。

これです!

省スペースハンガー(ニトリ)

ニトリさんの省スペースハンガー。

・薄くて真っ直ぐ。
・滑らない。
・フックの部分が回る。
・ネクタイやスカーフ、ベルトなどをひっかける部分がある。
・上部に肩紐などを掛ける部分がある。

省スペースハンガー(ニトリ)

私が求める上記の要素を全て満たしている理想のハンガーだ!
見た瞬間にそう思いましたが、用心深くまず1セット購入。
試しに3ヶ月ほど使用。

衣服は滑り落ちないし、
省スペースで収納に空間的余裕も誕生した。
納得してハンガーを全てこれに買い換える事にしました。

お値段は、5本組み570円。
大小同じ金額です。

お子様向けに、
もっと小さくて可愛いデザインのものもありました。

今まで使っていたハンガー

今まで使っていたのは、
クリーニング屋さんからついてきたハンガーとか、
服を買った時にいただいたハンガーとか。
大きさも幅もまちまちで、見るからに嵩張っていますね。

買い換えてクローゼットがスッキリ。

服を減らしたわけでも無いのに、
空間にハンガーの厚みの分だけ余裕ができたことと
同じ物で揃えた統一感で、こんなにも違うものかと。

ニトリさん省スペースハンガー、
お勧めできる製品だと思います!