世話やきキツネの仙狐さん

コミック配信サイト『コミックNewtype』にて2017年10月から連載中。
2019年4月~6月にアニメ化作品が放映された。

ブラック企業で連日終電ギリギリ、
心も体もボロボロになっていく中野のもとへ
神使の狐、仙狐さんが世話をしにやってくる。

800年の時を生きてきた仙狐さんだが、
狐の耳ともふもふの尻尾を持った幼女の姿。

仙狐さんの同僚のシロ。
仙狐さんの上司の夜空(そら)。
様々なタイプの狐さんが目の保養になることは勿論だが、
仙狐さんの家庭的な雰囲気に癒やされる。

そして忙しい日々に追われ見失ったもの。
何か大切なもの。
人が日々を幸せに生きるために必要なもの。
生き物として当然であるはずの常識。
そういったものを思い出させてくれる。

この作品は「コメディ」に分類されるようだが、
私にはとても社会派作品に思えた。

そう、人は何のために生きるのか?
生きているのか?
青臭いけれど、これは永遠のテーマではないか。

日常に追われることが当然になって、
失ってしまった「あそび」の時間。
そして日常を営むための基本だった時間。

夕刻には帰宅し夕食を美味しく食べる。
必要なだけの睡眠を取る。
病気の日は家で休む。
楽しく遊べる休日を確保する。
悪天候が極まった日は出かけない。
布団を干したり家事をしたり自分のねぐらを整える。

みんな生物として普通のことなのに
それができない日々を送る人は珍しくない筈だ。
文明が進んで便利になっているのに、
何故か人の自由な時間は増えていない。

仙狐さんは便利さを否定しないし、
不条理な日常を非難もしない。
ただ受け入れて、
不思議に思ったり同情したり、
驚いたり楽しんだりする。

☆☆☆

「存分に甘やかしてくれよう!」

世話やきキツネの仙狐さん (1)

☆☆☆

いつのまにか仙狐さんに甘やかされ、
仙狐さんの温かな尻尾に包まれているような、
そんな作品だと思う。
癒やし成分の補給に仙狐さん!

稲荷神社は日本全国に32000社。
近所のどこかには必ずあるはずだ。
赤い鳥居に神使の狐、珍しくない光景だ。
仙狐さんのような存在がいたとしても
少しも不思議ではないよねと思う。

世話やきキツネの仙狐さん – Webで漫画が無料で読める!コミックNewtype

玉川上水を歩く (26) 岩崎橋から牟礼橋

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

1日目の2019年2月18日、四谷大木戸を出発し、
玉川上水暗渠の上の緑道を笹塚まで歩いた。

2日目の2019年3月20日は、前回の終点、
新宿区笹塚「南ドンドン橋」を出発。
杉並区久我山の「岩崎橋」まで歩いた。

3日目の2019年3月24日は、
前回の終点、岩崎橋を出発し、
三鷹駅前の三鷹橋までを歩いた。

この記事で歩いた部分を地図上で赤く示した

この記事では岩崎橋から
杉並区と三鷹市の境界にある牟礼橋(むればし)まで。
杉並区内の玉川上水西端の写真を載せた。

岩崎橋

京王井の頭線久我山駅で下車し、
南へ歩いて出発点の岩崎橋へ向かった。
橋の上から4日前に見たばかりの烏山村分水口跡を確認。

岩崎橋から見た玉川上水と烏山村分水口跡

岩崎橋で起点の写真を撮り、
玉川上水の北側の緑道を歩いて西へ向かった。

玉川上水緑道(杉並区久我山)

3月も下旬で桜が咲き始めており、
玉川上水の土手にはスズランも咲いていた。

玉川上水緑道の桜
玉川上水土手のスズラン

車道と切り離された緑道は安全な散歩道だ。

玉川上水緑道

ところどころに案内地図の看板がある。
看板の周辺は兵庫橋公園で近くに兵庫橋があったようだが、
気づかずに通り過ぎてしまったらしい。
玉川上水の北を歩いたので気づかなかったが、
南側には水難者慰霊碑というものもあったようだ。

玉川上水緑道の案内マップ

何の説明もなかったが、
このあたりに旧久我山水衛所があったようなので、
その名残の設備だろうか。

旧久我山水衛所あたり
旧久我山水衛所あたり

ほどなく牟礼橋(むればし)へ到着したが、
このあたりは大々的な工事中だった。

牟礼橋(むればし)

牟礼橋はもともと人見街道の橋だったが、
この交差点で交わっている
東八道路および放射5号線を合わせて道路の整備中。
橋の架け替え工事中だったようだ。

牟礼橋と大ケヤキ
牟礼橋(むればし)

牟礼橋の近くには大きなケヤキの木があり、
その下には庚申塚があった。
古くから地元の人々の目印になってきた木なのだろう。

人見街道の大ケヤキ

道路工事で非常に複雑になっている牟礼橋を通り過ぎ、
杉並区を後にし、三鷹市へ入った。

大ケヤキと庚申塚

参考サイト:
人見街道「牟礼橋」架け替え完了 : 俺の居場所2
東八道路の東側「高井戸~三鷹間」開通!区部と多摩地域が直結!開通時の様子や詳細など : 俺の居場所2