玉川上水を歩く (4) 新宿駅と葵橋

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

新宿御苑の横を通り過ぎ、
新宿四丁目交差点を通り過ぎ、
国道20号線(甲州街道)沿いに玉川上水暗渠の上を歩く。

前方には新宿のビル群がそびえ、
JR新宿駅・京王新宿駅・小田急新宿駅・バスタ新宿など
巨大な新宿駅のまっただ中を通る。

JR新宿駅
バスタ新宿
西新宿1丁目交差点

そして、やってきたのは西新宿1丁目交差点のすぐ南。
「東京南新宿ビルディング」というビルだ。

東京南新宿ビルディング
東京南新宿ビルディングの通路と「葵橋の記」

このビルの1階通路に、玉川上水を偲ぶ記念板
「葵橋の記」がある。

葵橋の記

葵橋の記
 かつて、この地を玉川上水が流れ、このビルの前に葵橋があった。
 この橋の名前は、この辺りに紀州徳川家の下屋敷があったことに由来する。
 この付近は、明治十八年の新宿駅開設や、大正後期から昭和初期にかけての京王線・小田急線の開通などにより、多くの学者や画家・文人達が閑静な環境を慕って住んでいた。
 葵橋は、玉川上水の織りなす四季の景観の中にとけ込み、多くの人々の心を和ませるとともに親しまれていた。
 しかし、この景観も、時の流れとともに進む周辺の都市化に伴って、変容した。
 昭和四十年淀橋浄水場の移転により、玉川上水が、その使命を終え、次第に暗渠化されるに伴い、玉川上水に架けられた葵橋も、その役目を終え、その姿を消した。
 いまここに、「葵橋」の由来を記し、記念とするものである。
   昭和六十二年十月
            東京都水道局

葵橋の記

「葵橋の記」がある通路の正面の道は「葵通り」。
通りには葵橋の碑が建っている。

東京南新宿ビルディングの通路から見た葵通り
葵通りと葵橋跡の碑

葵通りを真っ直ぐ歩いて行くと
「代々木二丁目あおい公園」に突き当たる。
玉川上水暗渠の上に位置する公園だ。

代々木二丁目あおい公園

2019年2月、残念ながら公園は工事中。
公園の側道を歩いて、
次のポイント、西新宿交差点へ向かった。

西新宿交差点側の「代々木二丁目あおい公園」出入り口

玉川上水を歩く index

玉川上水を歩く (1) 四谷大木戸