黄金のアウトプット術

黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える (ポプラ新書)

 著者:成毛 眞
 発売日:2018-04-10

著者が言うには、現代の大人、具体的にはゆとり教育以前、
30代後半以上の「詰め込み教育」時代の大人はインプットにだけ長けている。
インプット重視の教育を受けてきたその世代は、
圧倒的にアウトプット不足で損をしているのだそうだ。

確かに私もその世代だ。
言われる通り、インプットの教育オンリーだったと思う。
とはいえ、私はどちらかというとアウトプットに偏る生活をしており、
アウトプットの方法に悩みこの本を読んでみた。

著者の成毛眞(なるけまこと)氏は、マイクロソフト代表取締役社長を経験し、
現在は書評サイト「HONZ」代表として活躍なさっている。
端的に言って社会の成功者で、アウトプットのプロと言うべき存在だろう。

著者の主張によると、
今の時代は情報収集し教養を詰め込んでいるだけではダメ。
AIに置き換えられない仕事をしたいなら、
インプットを自分の血肉に変え、付加価値をつけ、
言い換えるなら「編集」をして、お金に変えていくことを意識しよう。
アウトプットを前提にインプットを行うことにより、
センスが磨かれ、思考や人脈が広がってゆく。

今の時代にはアウトプットの方法が満ちあふれているし、
まずはアウトプットをしないと、誰にも発見してもらえない。
こと才能というものに関しては、他人の評価が必須。
インプットしている時間を、リアクションしている時間を、
アウトプットに回そう!

そういうことを軽快に語る本だった。

書評の書き方や、「漢字の割合を多くても3割に」
「七七七語調で文章を整える」「スマホで読む」など
具体的な書き方は参考になる。
プレゼンで悩んでいる方にも良いアドバイスがあるし、
「英語より落語」やSNSの活用方法、読書の仕方など、
日常生活で自分を磨ける良きインプット方法も目新しい。

正直言うと「今の時代に○○を知らない人はいないだろう」
なんて語り口に、少々うんざりし、
「知らない人います!!」とか突っ込みたくもなった。
が、アウトプットの必要性や実現方法を考える手掛かりとして、
良い入門書だと思う。

AIに奪われない仕事の大半は会社への所属など必要ないそうだ。
あっという間に読める本なので、一読して損はない本だろう。
インプット世代であっても
アウトプットの海へ漕ぎ出す方法が幾らでもある時代なのだ。

黄金のアウトプット術: インプットした情報を「お金」に変える (ポプラ新書 な 9-1)
黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える (ポプラ新書) Kindle版

電子書籍のススメ

お出かけの時に持ち歩く本。
あとちょっとで読み終わる。
でも2冊も持っていくのは嵩張るし重い!

そんな経験はありませんか?
本を持ち歩く方にお勧めなのが電子書籍です。

最近かなり普及してきましたが,
世の中はまだまだ紙の本が主流。

紙の本は出ているのに,電子書籍はない。
電子書籍だけ何故か発売日が遅い。
etc…

そんな不便を感じることも多々ありますが
それを差し引いても!
電子書籍はとても便利です!!

例えば・・・

・その場で購入し読み始められる。
・持ち歩いても荷物にならない。
・お気に入りの本を常に何冊も持ち歩ける。
・買った本はどこにいてもダウンロードしすぐ読める。
・字の大きさを変えられる。
・栞が要らない。
・増えた本の置き場所に困ることがなくなる。
・意外に多い無料配布本で世界が広がる。
・読み放題プランを活用し気軽に多読できる。
・気になった言葉を気軽にハイライト。メモが残る。
・電子的な栞を使って気になるページをマーク。
・知らない単語をその場で検索し単語帳作成。
・巻末の注釈と読んでいるページを気軽に移動。

などなど、どれも紙の本にはない利便性です。

紙の本に比べると
電子書籍は目が疲れるという意見がありますね?
けれど、その問題もほぼ解決されています。

例えばAmazonの電子書籍専用端末 Kindle。
目の疲れ方は紙を読んでいるのとほぼ変わりません。

紙に書いたようなくっきりとした文字。
紙の上の文字を見るような柔らかで自然な明るさ。
屋内でも屋外でも、明るい部屋でも暗い部屋でも
これらが長時間の読書を快適にサポートします。

Kindleなどの専用端末路購入するのは…ってな方には
スマホアプリも用意されています。
勿論 iOSでもAndroidでも大丈夫。
普段から持ち歩いているスマホやタブレットが
アプリの起動で本に早変わりします。

筆者は日本での発売開始当初から
Kindle×Amazonで電子書籍を堪能していますが,
電子書籍ストアは他にも色々な選択肢があります。

・アップルのApple Books(iOS11まではiBooks)。
・ソニーのSONY Reader。
・楽天の楽天Kobo。

各々スマホアプリも用意されていますから,
普段からよく利用するサービスを鑑みて、
ポイントが貯まりやすいとか情報が得やすいなど、
自分の生活に合ったストアを選べば良いでしょう。

とても気軽で身軽な読書生活が待っています!


人気ブログランキング