英国の遊び心が楽しい実用的インテリア

前回の記事でアメリカの猫のドアストッパーを紹介しました。
今日はイギリスのドアストッパーを紹介しましょう。
デニムの首輪をつけたテリアです。
 
Ulster Weavers社のドアストッパー
 
上品なチェックに犬の足跡がチャームポイント。
ずっしり重く、ドアをしっかりキープします。
ぬいぐるみなので、ドアを傷つける心配もありません。
 
Ulster Weavers社のドアストッパー
 
猫や牛、フクロウなど他にも様々なバージョンがあります。
メーカーは北アイルランドのアルスター・ウィーバーズ社。
 
Ulster Weavers社 タグ
 
アルスター・ウィーバーズ(Ulster Weavers)社は、
1880年創業の老舗ホームウエアメーカー。
英国王室御用達にもなっていて、
ドアストッパーのほか、クッションやキッチン雑貨、
バッグやテーブルウェアなどの家庭を彩るグッズを製造販売しています。
 
こちらはティーコジー。
中綿がたっぷり入っていてしっかりと保温します。
さすが紅茶の国!と思う安心な品質です。
 
ULSTER WEAVERS Tea cosy OWL
 
通販でも手に入りますよ。
 

 
 
リンク
Ulster Weavers
 

バターキーパーで快適バター生活

Norpro Stoneware Butter Keeper

冷蔵庫から出したばかりのバターは硬い!
パンに塗ろうとすればパンがボロボロに。
クラッカーに塗ろうとすればクラッカーがバリバリに割れる。

かといって常に1時間前に冷蔵庫から出しておけるわけでもない。
下手に温めて解けても困るし常温が一番使い安い。
でもバターには「要冷蔵」って書いてある…。

この悩みが解決できそうな便利グッズがこれです。
「バターベル」と呼ばれる形のバターキーパー。

Norpro Stoneware Butter Keeper

バター表面を水に浸して酸化や黴から守り
常温で常に使い安い柔らかさを保つ逸品です。

以前は欧米の通販サイトでしか手に入らなかったけれど
最近は日本の通販で簡単に手に入ります。

使い方は簡単。写真で紹介しましょう。
用意するのはバターとバターベルと水、
そしてバターベルにバターを詰めるためのバターナイフ。
バターは詰めやすいよう常温に戻しておきます。

Norpro Stoneware Butter Keeper

バターベルにバターを詰めていきます。

Norpro Stoneware Butter Keeper

できるだけ隙間をつくらないようギュウギュウに詰めましょう。

Norpro Stoneware Butter Keeper

ベルの口までバターを詰めます。
150gのバター1箱を詰めると少し残る感じです。

Norpro Stoneware Butter Keeper

バター面を下に水を張った容器に入れ、常温保管!
これでバターは常に快適な状態。ストレスなく使えます。
水は3~5日に1度くらいの頻度で替えましょう。

Norpro Stoneware Butter Keeper

バターを詰める作業が少々面倒ですが、
それを差し引いても便利で手放せなくなる雑貨だと思います。