小説NieR:Automata(ニーアオートマタ)

・小説NieR:Automata(ニーアオートマタ)少年ヨルハ (デジタル版GAME NOVELS)
・小説NieR:Automata(ニーアオートマタ) 長イ話 (デジタル版GAME NOVELS)
・小説NieR:Automata(ニーアオートマタ) 短イ話 (デジタル版GAME NOVELS)

ニーアオートマタの世界とは

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』は、
PlayStation4のアクションRPGゲームです。

舞台は美しき廃墟となった地球。

エイリアンに侵略され、人類は月へ逃亡。
地球を取り返すべく、
戦うためのアンドロイドが作られます。

人類に模して造られたアンドロイド、
オートマタ(自働人形)たち。
彼らは地球へ送り込まれ果てしなく闘い続けます。

アンドロイドたちを地球で迎え撃つのは、
エイリアンの兵器、機械生命体。

戦闘は決着がつかないまま延々と続き、
もはや人類もエイリアンも死に絶えた。

なのに、アンドロイドと機械生命体は
各々の創造主のために闘い続ける…。

ゲーム画面

ニーアオートマタは、SFが好きならば、
ゲームを知らなくても楽しめる物語です。

被造物であるアンドロイドと機械生命体。
彼らのパーソナルデータは共有化されていたり、
保存されていたりしている。
本当の意味での「死」を知らない存在である彼ら。

そんな彼らが長い長い時をかけて
少しずつ変化していきます。

少年ヨルハ

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』前日譚となる舞台「少年ヨルハ」を、著者:映島巡、監修:ヨコオタロウで完全ノベライズ化。“呪い”と”罰”のはじまりを綴った朗読劇作品「ヨルハ計画」から、舞台では語られなかったヨルハM部隊結成に至るまでの物語を含む、自動歩兵人形・ヨルハの定められた運命を辿る――。

Amazon 内容紹介より

《長イ話》=ゲームシナリオの前日譚。

女性型に続いて作られた
ヨルハ型男性モデルによる実験小部隊の物語。

初のヨルハ型男性部隊として、
彼らはデータ集めを目的に様々な戦場へ送られる。
後に続く、たくさんの男性型ヨルハ型アンドロイドのために。

勝てる可能性のない戦場へ何度も送られ、
そのたびに全滅しては
また新たな体で目覚める。
本当に死んで消えることはなくても、
死ぬときの恐怖の記憶だけは積もっていく。

二号(少年型):ディフェンダー
三号(成人型):アタッカー
四号(成人型):ガンナー
六号(少年型):アタッカー
九号(少年型):ヒーラー
二十一号(少年型):スキャナー
二十二号(少年型):ガンナー
教官:ブラック

隊員全員の視点で次々と語られる方式で
各々の性格が細かく描写され
心を持つアンドロイドとしての彼らの生き様に目が離せなかった。

「君は……優しいままで、いてくれ」

少年ヨルハ 位置2508

男性のヨルハ型の適正や、
その後のヨルハ型の運用についても示唆されおり、
世界観を理解する上で読んでおきたい作品だと思う。

長イ話

著者:映島巡、監修:ヨコオタロウで贈るPS4ゲーム『NieR: Automata(ニーア オートマタ)』の長編ノベライズ。ゲーム本編裏側のエピソードを語りながら、各キャラクターの知られざる心情を浮きぼりにする!

Amazon内容紹介より

ゲームストーリーのノベライズで、シリーズの基本となる1冊。

ゲームの幾つものルートを繋げ、
1本の筋の通った物語として紡がれています。
未プレイの方も、問題なく楽しめます!

行動を共にする女性型アンドロイドの2Bと
少年型アンドロイドの9S。
アンドロイドに随行支援するポッドたち。

平和を好む機械生命体や
人類というものに興味を抱く機械生命体。

各々に芽生える自我の可能性が描かれ
絶望の中にも
最後には一縷の希望を見いだせるSF物語です。

「そういう好奇心旺盛なところは、嫌いじゃないよ」
 たとえ、その好奇心が諸刃の剣であったとしても。
「ありがとう、2B」
 9Sの口許が少しだけ綻ぶ。好奇心旺盛で、素直で、明るくて……まるで地上に注ぐ陽射しのような、仲間。

長イ話 位置894

短イ話

著者:映島巡・ヨコオタロウ、監修:ヨコオタロウで再び贈る、PS4ゲーム『NieR: Automata(ニーア オートマタ)』の中・短編小説集。転載収録作品『プロメテウスの火』『記憶ノ檻』『衛星軌道基地バンカー観察日記』『小サナ花』『静カスギル海』『記憶ノ棘』に加えて、「エミールの楽しくも哀しい不退転のエピソード」、舞台ヨルハ原作「A2の知られざる物語」新規書き下ろし中編2編を含む「短イ話」の結晶体!

Amazon内容紹介より

本編の背景にある小さな物語を詰め込んだ短編集。

ハイライトとも言えるのは、中編の『ヨルハ―Ver.1.05』。
A2こと二号がアネモネと出会い、仲間を失い、
生き残って逃亡者になった物語だろうか。
今は亡き個性的な隊員たちの日常。
彼らのこの時間があってこその
ニーア オートマタ(NieR:Automata)であることを感じた。

他には2Bと9Sの因縁めいた繰り返しを語る
『記憶ノ檻』と『記憶ノ棘』

花を育てる機会生命体の物語『小サナ花』
10Hとポッド006が孤独に繰り返す時間を綴る『静カスギル海』
小さな花「月の涙」から蘇る遙か昔の物語『エミールの追憶』

どの物語にも、気が遠くなるような長い時を超えて
使命を果たし続けた創造物たちの悲しさが溢れる。
身に染み入る一冊だ。

「どうして、私達には悲しいなんて気持ちがあるんでしょう? アンドロイドなのに」
「様々な状況に対応し、適応していく為。牙も爪も翼も持たない人類は、多様性を持つ事で生存競争を勝ち抜いて、繁栄したから。私達は、その人間を模倣して造られた……と説明されました。ずっと昔」

短イ話 位置1267

ヨルハ型アンドロイドのこと

ニーアオートマタ(NieR:Automata)を読む上で
知っておくとちょっと便利なチップ。
ヨルハ型アンドロイドの記号の意味をメモしておく。

A型(アタッカー)
B型(バトラー)
D型(ディフェンダー)
E型(エグゼキューショナー)
G型(ガンナー)
H型(ヒーラー)
O型(オペレーター)
S型(スキャナー)