幡ヶ谷緑道から消防学校

玉川上水旧水路緑道の幡ヶ谷地区の横に
東京消防庁 消防学校がある。

東京消防庁 消防学校 訓練の様子

緑道から訓練の様子がよく見えて、
もの珍しさに思わず立ち止まり眺めてしまった。

消防庁にこんな本格的な学校施設があることを
この日まで知らなかった。

東京消防庁 消防学校

ここで行われているのは、
初任教育・幹部教育・専科教育・救急教育・
消防団教育・自己啓発支援。

初任教育は全寮制で、西原寮が用意されている。
新採用消防職員に、防火防災基礎教育や
強靱な体力作り、社会人教育を行っているそうだ。

東京消防庁 消防学校 訓練の様子

東京都消防訓練所が併設されており、
各市町村消防団員の教育訓練を実施しているとのこと。

東京消防庁 消防学校
東京消防庁 消防学校

常盤橋交差点の北にある案内看板。
この看板のある入り口の向かいには
消防試験研究センター・中央試験センターがあり、
一帯が東京消防庁の施設になっている。

消防試験研究センター
幡ヶ谷緑道から見た常盤橋

消防学校案内板の横の玉川上水旧水路緑道(幡ヶ谷緑道)。
緑道の下には玉川上水が流れている。
玉川上水が暗渠化されたのは
1965年(昭和40年)の淀橋浄水場廃止以降。
消防学校がここへ移転してきたのは1950年(昭和25年)。

消防学校ができた当初は、
ここに開渠だった玉川上水が流れていたはずだ。

玉川上水を歩く (12) 幡ヶ谷緑道~大山緑道

玉川上水を歩く (3) 雷電稲荷神社

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

四谷大木戸から玉川上水を歩く旅を始め、
玉川上水暗渠の上を通って新宿駅方面へ向かう。

玉川上水暗渠の上の緑道

新宿御苑の北端は甲州街道に沿っており、
現在の甲州街道は国道20号線になって
新宿御苑トンネルとして、新宿御苑の下を通っている。

玉川上水は、その甲州街道の横を
暗渠となって流れている。

玉川上水暗渠の上を通る道

暗渠の上を歩いて新宿御苑を通り過ぎ、
そのまま新宿駅方面を目指す。
すると、新宿四丁目の交差点の近くに
小さなお稲荷様が鎮座していることに気づく。

雷電稲荷神社(新宿4丁目)
2月の雷電稲荷神社(新宿4丁目4番23号)
5月の雷電稲荷神社

雷電稲荷神社。
雷除けの神社で、
保食神(うけもちのかみ)を祀っている。

この神社は、1928年(昭和3年)に一度
新宿総鎮守の花園神社に合祀されている。
しかしその後、住民によって跡地に鳥居と祠が再建され
花園神社の末社として、今もこの場に維持されている。

2月の雷電稲荷神社(新宿4丁目)
5月の雷電稲荷神社
2月の雷電稲荷神社(新宿4丁目)
5月の雷電稲荷神社

玉川上水の畔にある神社なので
上水と縁がありそうにも思えるが、
創建は玉川上水より遙かに古く、
鎌倉時代まで遡る。

源義家(長暦3年=1039年生)の奥州征伐、
永保3年(1083年)の時のこと。
義家がここを通りかかった際、激しい雷雨に遭った。
ところがそこに白狐が現れ、
義家に三回頭を下げた。
すると雷雨は止み、晴れ渡ったのだった。

雷電稲荷神社(新宿4丁目)

小さな神社だが、御手洗所が整備され、
拝殿の横には八角小堂もあり、かなり立派な神社だ。

水に関係する稲荷神社では
蛙が神使になっていることがあるが、
この神社の八角小堂の前にも蛙像がある。

神使の狐様が2組。

外側(鳥居に近い方)の神使
内側(拝殿に近い方)の神使
雷電稲荷神社の八角小堂と蛙像
八角小堂前の蛙像

2月半ば。
参道の鳥居の脇では、
梅が美しく咲き誇っていた。

雷電稲荷神社の梅

5月末になると神社はすっかり緑に覆われていた。

5月 内側の鳥居から参道を見る
玉川上水を歩く (1) 四谷大木戸 玉川上水を歩く (2) 新宿御苑 – かわゆら