美しく機能的な省スペースハンガー

ネットを見ればお勧め情報が満ちあふれていますよね。

マーケティングのジャムの法則じゃないけれど、
多種多様の情報は、見ているだけで疲れる。
だんだんどうでも良くなる。
うんざり!

なので一つだけ。
長年探し回って、使って試し、
「よしこれだ!」と心から納得して揃えたハンガー。

これです!

省スペースハンガー(ニトリ)

ニトリさんの省スペースハンガー。

・薄くて真っ直ぐ。
・滑らない。
・フックの部分が回る。
・ネクタイやスカーフ、ベルトなどをひっかける部分がある。
・上部に肩紐などを掛ける部分がある。

省スペースハンガー(ニトリ)

私が求める上記の要素を全て満たしている理想のハンガーだ!
見た瞬間にそう思いましたが、用心深くまず1セット購入。
試しに3ヶ月ほど使用。

衣服は滑り落ちないし、
省スペースで収納に空間的余裕も誕生した。
納得してハンガーを全てこれに買い換える事にしました。

お値段は、5本組み570円。
大小同じ金額です。

お子様向けに、
もっと小さくて可愛いデザインのものもありました。

今まで使っていたハンガー

今まで使っていたのは、
クリーニング屋さんからついてきたハンガーとか、
服を買った時にいただいたハンガーとか。
大きさも幅もまちまちで、見るからに嵩張っていますね。

買い換えてクローゼットがスッキリ。

服を減らしたわけでも無いのに、
空間にハンガーの厚みの分だけ余裕ができたことと
同じ物で揃えた統一感で、こんなにも違うものかと。

ニトリさん省スペースハンガー、
お勧めできる製品だと思います!

2019年の二十四節気

季節の話題でよく聞く二十四節気。
そう、立春とか立秋とか,大暑とか大雪とか、
そういう名称です。

これらは二十四節気と言って、
黄道上のどこに太陽が到達したか
=黄経(こうけい)の値で決められた名前です。

黄道(こうどう)というのは
天球上の太陽の通り道のことですね。

で、二十四節気の決め方です。

まず1年を二十四に分け、
春分の時に太陽がある位置を0°と決めます。

そして、春分を始まりとし、
太陽が黄道を1/24進むごとに
黄経は15°値を増やします。

黄経が15°増えると
二十四節気は一つ先へ進みます。

1年経つと太陽は360°巡って
出発の位置=春分点=黄経360°=0°に帰ってきます。

まぁそんな難しい話は置いておいて、
二十四節気の日付だけでも押さえておけば
巡る季節の話題に敏感になれますよね。

二十四節気は毎年同じ季節にやってきますが
年によって1日ほどずれたりします。
毎年、その年の暦を確認しておきましょう。

2019年の二十四節気は下記の通りです。

  • 小寒:1月6日 (黄経285°)
  • 大寒:1月20日 (黄経300°)
  • 立春:2月4日 (黄経315°)
  • 雨水:2月19日 (黄経330°)
  • 啓蟄:3月6日 (黄経345°)
  • 春分:3月21日 (黄経0°)
  • 清明:4月5日 (黄経15°)
  • 穀雨:4月20日 (黄経30°)
  • 立夏:5月6日 (黄経45°)
  • 小満:5月21日 (黄経60°)
  • 芒種:6月6日 (黄経75°)
  • 夏至:6月22日 (黄経90°)
  • 小暑:7月7日 (黄経105°)
  • 大暑:7月23日 (黄経120°)
  • 立秋:8月8日 (黄経135°)
  • 処暑:8月23日 (黄経150°)
  • 白露:9月8日 (黄経165°)
  • 秋分:9月23日 (黄経180°)
  • 寒露:10月8日 (黄経195°)
  • 霜降:10月24日 (黄経210°)
  • 立冬:11月8日 (黄経225°)
  • 小雪:11月22日 (黄経240°)
  • 大雪:12月7日 (黄経255°)
  • 冬至:12月22日 (黄経270°)


人気ブログランキング