ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー(Honey and Clover)

羽海野チカ氏による漫画作品で、通称「ハチクロ」。
雑誌連載は、2000年~2006年。
テレビアニメ、テレビドラマ、実写映画にもなった作品なので、ご存知の方も多いことだろう。

舞台は美大。学年も専攻も違う5人の若者を描く群像劇だ。
美大に集う彼らだけに、みな才能があり個性的。
大学生活を送る彼らは、当然、恋愛で苦しみ才能で苦しみ、将来への不安に悩む。
そして散り散りに、各々の道を目指して旅立つ。

高校生や大学生の読者なら、等身大の彼らの中にすぐに溶け込んでゆけるだろう。
遙か昔にそんな時代を終えた大人だったら、甘く苦しく切ない昔の記憶を重ね、当時の心を少しばかり思い出すだろう。
若い頃に未来への不安や恋愛で悩んだ経験がないという人は、おそらくとても少ないだろうから。

アニメやドラマ、映画にまで展開される作品となったのは、そんな感じで、誰もがその人なりの立場を胸に抱きつつ楽しめるコミックだからだろうと思う。

主要登場人物の5人を紹介しておこう。

竹本祐太 建築科。初巻19歳。真面目で気が利く。物語の最初からはぐみに恋をする。
真山巧 建築科。初巻22歳。優秀でモテる。好きな女性は他にいるが山田は大切。
森田忍 彫刻家。初巻24歳。竹本と同時にはぐみに恋。謎な行動が多い天才肌。
花本はぐみ 油絵科。初巻18歳。天才肌で人見知り。とても小さい。
山田あゆみ 陶芸科。初巻21歳。器量よし才能もある。真山への報われない恋に苦しむ。

物語は10巻で完結。特に誰が主人公というわけでもなく、5人の成長が描かれる。
各々悩み苦しみながら時を重ね、それぞれの方法で卒業へ向かって大学生活を紡いでゆく。青春ってホント輝いているのに辛いことばかりだね?
時には潰れないようかつ丼をほおばりながら、時にはひたすら自転車のペダルを漕ぎながら、若者たちの一年には変化がいっぱいなのだ。

彼らが吐露する想いは、たぶんかつて読者が経験した想いであり、これから感じる悩み。だから読んでいると一言一言が胸に刺さる。

★☆★☆★

「努力する」か「諦める」か
どっちかしかないよ
人間に選べる道なんて
いつだってたいてい
この2つしかないんだ

5巻 59ページ

★☆★☆★

あんなに泣いてる彼女からでさえ
ぼくが感じたのは ただ果てしない
つよさ だった

6巻 85ページ

★☆★☆★

「好きなものを」「楽しんで」という言葉は美しい
―でも その 何と むずかしい事か………

7巻 106ページ

★☆★☆★

自分が生きる道のよりどころを何に求めるか。
自分の人生をどんな光で照らして進んでいくか。

恋愛が全ての人もいれば、恋愛以上に手放せない何かを持っている人もいる。
どちらの道が正しいかなんて正解はない。
選択しなければならない瞬間がきたら、本能で決めて進んでいくしかないのだ。

芸術という厳しく才能を求められる世界に生きている彼ら彼女ら。
その繊細な心を持って恋をし恋で苦しむ。
むくわれない恋に意味などないと断じてみても、想いは簡単に消えてくれない。
そんな恋の病を乗り越えて、自分の人生に必要な物を、いつか強い心で選び取る。

★☆★☆★

―なぜか
ただの1枚も写真が残っていない僕らには
あの時
目の前に浮かんだみんながいる風景だけが
瞳の奥に焼き付いて
一生消せない1枚になった……

9巻 33ページ

★☆★☆★

若い時代の仲間との時間というのは、本当にこうしたものだったと思う。
その時は一生懸命。思い出の形見を残している時間も余裕もなかった。
何もかもが過ぎ去ってしまったあと、心の中でセピア色に封鎖された、甘い痛みに包まれ永遠に輝く形見を見いだす。
そんな形見が自分にも存在したことを、たくさん思い出させてくれる物語だった。


Kindle

コミック本
Kindleまとめ買い
ハチミツとクローバーのヒロイン花本はぐみドール

『ストップ!!ひばりくん!』

彼女(!?)が元祖。 江口寿史が「週刊少年ジャンプ」に掲載した大ヒット作を、 未収録原稿を完全収録、カラーページも完全再現し、 雑誌掲載順に収録した究極のコンプリート・エディション。

Amazon 内容紹介 より

『ストップ!!ひばりくん!』とは?

約35年ほど前に『週刊少年ジャンプ』に連載された漫画ですが、
ヒロイン?のひばりくんは「男の娘」!
何しろ1981年の作品ですから、「男の娘」は画期的。
ほぼ伝説と言っても過言ではない作品でしょう!

勿論、当時はとても話題になりました。
少年雑誌に少しも興味がなかった私でさえ
『ストップ!!ひばりくん!』という作品名を知っていたくらい。

この有名な彼女?「ひばりくん」。
未収録原稿を完全収録しカラーページも完全再現、
それを掲載順に収録したというコンプリート版が発売されました。
Kindleでも気軽に読めるということで、読んでみました!

これさえ読めば
文字通り「ひばりくんの全て」が分かる。
35年の時を経て、果たしてどんな風に感じるものか?

見事に女の子にしか見えない別嬪さんのひばりくん。
彼女(彼?)を巡って
ハチャメチャ騒動が次々と起こっていく。
ひばりくんは可愛く美人なだけでなく、
腕っ節も強く、機転も利くし頭も良い。

そんな彼女を中心に物語は小気味よく進んでゆきます。

読んでみて

時代を超えたセンスが光る!

まず思ったのは、
ひばりくんの可愛さは完璧に現代に通用する!
ってこと。

これは実はとても凄いことです。
昔「可愛い!」と思って見ていた筈のキャラクターも
今改めて見てみると、大抵は古くさく感じるデザインで、
「当時はこんな感じを可愛いと思っていたんだ!?」
と驚くことがほとんどなのです。
なのに、ひばりくんにはそれが無い!

ひばりくんは現代に通用する完璧な可愛さで、
ファッションセンスも抜群。
もう一度書くけれど,これ本当に凄いことです。

作者の江口寿史氏は、
未来を生きる天才さんだったのだなと思いました。

例えば2巻(P.193)にこんなフレーズがありました。
「あら 男の化粧はべつに変態じゃないよ」

当時、化粧する男性は「変態でキモチワルイ」って
マジ思われていたのです。
そんな時代にこのフレーズを書ける。
そのセンスは並大抵ではないと。

時代にどっぷりな昭和世界!

そして、その一方では
1980年代の世界が余すところなく展開されるのです。
時代を知っている私には懐かしかったし、
知らない方なら作品で昭和を生きる模擬体験ができそう。

ひばりくんのプロフィールを見ると
好きな歌手は「YMO」とか「イモ欽トリオ」。
いやいやいやいや、最近の若者はほぼそれ知らないよね?

薬師丸ひろ子さんそっくり少女が出現したりもする。
1983年夏公開の映画『探偵物語』は、
確かに当時の若者の多くが見た邦画だった。
主演の薬師丸ひろ子さんは、
お洒落で可愛い女子大生の代表だった。
でも映画そっくりの少女の髪型も、
1980年代を生きていなければ分かりにくいよね?

かと思えば、ボクシング部の合宿。
高校生のひばりくんが一升瓶を抱えているではないか!
いやー流石に一升瓶はないにしても、
当時の高校生、合宿で先輩に勧められてちょっとお酒……
なんてことは普通にあったと思う。

しかしそれを公共の雑誌に描くことが許されていたとは?
何と表現が自由で大らかな時代だったのだろう。
これきっと今ならダメ、アウトだよね?

今の雑誌ではどうなっているか等知らないけれど
最近のアニメを見ていると
未成年の飲酒場面は面倒なほどキッチリ規制されているもの。

ここにもすごく昭和を感じたのでした。

お勧めポイント

驚いたり感心したり考えさせられたり。
流石歴史に残る名作で面白かったです。
少年漫画ですが絵柄も綺麗。
女の子たち、
特にひばりくんと彼女?の姉妹は大変可愛です。

昭和の「男の娘」ひばりくん、
一読して損は無い歴史的作品だと思います!

そうそう、根強いファンが絶えなかったひばりくんは、
2017年にセキグチからドールも発売されています。
「STOP!!ひばりくん!ドール」。
既に簡単に手に入らない状況ですが、
ご興味がありましたら、是非画像検索を。
そっくりです!