世話やきキツネの仙狐さん

コミック配信サイト『コミックNewtype』にて2017年10月から連載中。
2019年4月~6月にアニメ化作品が放映された。

ブラック企業で連日終電ギリギリ、
心も体もボロボロになっていく中野のもとへ
神使の狐、仙狐さんが世話をしにやってくる。

800年の時を生きてきた仙狐さんだが、
狐の耳ともふもふの尻尾を持った幼女の姿。

仙狐さんの同僚のシロ。
仙狐さんの上司の夜空(そら)。
様々なタイプの狐さんが目の保養になることは勿論だが、
仙狐さんの家庭的な雰囲気に癒やされる。

そして忙しい日々に追われ見失ったもの。
何か大切なもの。
人が日々を幸せに生きるために必要なもの。
生き物として当然であるはずの常識。
そういったものを思い出させてくれる。

この作品は「コメディ」に分類されるようだが、
私にはとても社会派作品に思えた。

そう、人は何のために生きるのか?
生きているのか?
青臭いけれど、これは永遠のテーマではないか。

日常に追われることが当然になって、
失ってしまった「あそび」の時間。
そして日常を営むための基本だった時間。

夕刻には帰宅し夕食を美味しく食べる。
必要なだけの睡眠を取る。
病気の日は家で休む。
楽しく遊べる休日を確保する。
悪天候が極まった日は出かけない。
布団を干したり家事をしたり自分のねぐらを整える。

みんな生物として普通のことなのに
それができない日々を送る人は珍しくない筈だ。
文明が進んで便利になっているのに、
何故か人の自由な時間は増えていない。

仙狐さんは便利さを否定しないし、
不条理な日常を非難もしない。
ただ受け入れて、
不思議に思ったり同情したり、
驚いたり楽しんだりする。

☆☆☆

「存分に甘やかしてくれよう!」

世話やきキツネの仙狐さん (1)

☆☆☆

いつのまにか仙狐さんに甘やかされ、
仙狐さんの温かな尻尾に包まれているような、
そんな作品だと思う。
癒やし成分の補給に仙狐さん!

稲荷神社は日本全国に32000社。
近所のどこかには必ずあるはずだ。
赤い鳥居に神使の狐、珍しくない光景だ。
仙狐さんのような存在がいたとしても
少しも不思議ではないよねと思う。

世話やきキツネの仙狐さん – Webで漫画が無料で読める!コミックNewtype

長閑の庭

久々に、何度も読み返したい恋愛コミックに出会った。

ドイツ文学を専攻する大学院生の元子が、
皆に恐れられる64歳の教授に恋をする物語。
全7巻で完結済。

☆☆☆

地味な内面と外見から、ドイツ語で黒を意味する“シュバルツ”さんと呼ばれる大学院生・元子(23歳)。憧れのドイツ文学教授・榊(64歳)に告白するも、勘違いと断言され…。これは“嗜好”か“恋”か。「恋の定義」を模索する、年の差 恋愛未満ストーリー。

Amazon内容紹介より

☆☆☆

表紙が如何にも古き良き少女漫画っぽく、
部屋に飾っておきたくなる美しさ。
しかも登場人物隊が成人ということもあり
しっとりと落ち着いた佇まい。

大人しそうな外見の主人公が
その辛そうな恋愛をどう乗り越えていくのだろうと興味が沸き
1巻と2巻がKindle無料だったのを機会に読んでみた。

2巻を読み終わった時点で
続きを読まない選択肢はなかった。

主な登場人物は5人。

  • 朝比奈元子 主人公。自分は可愛くないと思っている。成績優秀で真面目。実は可愛くてメルヘンな世界が大好き。
  • 榊郁夫 元子が憧れる教授。興味を持ったら徹底的にのめり込む性格。優しく誠実な故に厳しい。
  • 田中蓮 元子や榊教授と同じ研究室の助手で34歳。不器用で情熱的で教授も元子も大好き。
  • 富岡樹里 元子の同級生の院生で、可愛く明るく友人も多く元子の憧れ。努力家。
  • 朝霧翠 榊の元妻。作家でドイツ舞踊研究家。明るくパワフルで美しい59歳。今でも郁夫が好き。

元子はこんなことを言う女性だ。

…私は人に囲まれるより本に囲まれる方が好きです
言葉に宿った魂達が
私が求める以外は口を閉ざし
私に期待せず押しつけず
ただまってくれる

2巻

そして、榊教授はこんな考え方をする。

まっさらな美しい心だけ持つなど
理想だけ詰め込んだロボットと一緒だ
嫉妬心を常に抱えながら生きていくのが人間ではないのかね
そして嫉妬心があるからこそ人間は向上していく
嫉妬心を向上心に変えられないのは醜いことだが
向上心に変えられる人間は美しいと思う

2巻

樹里はこれを実践できる女性。

自信がないなら
努力すればいいだけでしょ

5巻

明るく軽そうな言動が多い田中だが、こんな言葉を語る。

とり返しのつかないことってさ
たいがい小さなキッカケが引き金になるんだよね
だましだまし動かしてた歯車がとうとう動かなくなった時
もう元に戻せない
あとのまつり―――

5巻

誰が見てもパワフルで明るい翠も、努力し傷ついている。

“種の保存”を考えるだけの生物だったらどんなに楽だったか知れないわね

4巻
Kindle版

5人各々の世界が
長所も短所も細やかに描かれる物語運び。
想いとは裏腹に小さな切っ掛けで擦れ違ったり、
ほんの一瞬の仕草や表情で世界が変わったり。
それが生きていくことであり人間関係だ。

どんな人にも幾つもの顔があり、
どれもその人自身なのだ。

「女の子っぽい」ことは自分らしくないと避けてきた元子も、
自分を肯定することを恐る恐る考え始める。

そういう人生の機微がたくさん詰め込まれている。

榊教授の凜とした雰囲気がとても美しく、
年を取っても背筋を伸ばし、
筋の通った自分をきちんと保ち、
日々の自分を律しながら生きる教授を見倣いたいと思った。

腕時計に関する榊教授の意見が
教授らしくて印象的。

“ただの時を刻む道具”
――くらいの潔いものが好きだ

7巻

読み終わった後ずっと、教授の仕事風景が頭から離れず、
思わず背筋を伸ばした生活になっている。
コミックといえば若い人が主人公が大半なので、
年配の人が持つ心の動きや悩みなど、
こんなにしっかり描いた作品も初めて読んだ気がする。

田中さんには幸せになって欲しいな…。

コミック版