苦丁茶(一葉茶)

苦丁茶(くうていちゃ)をご存知でしょうか?
モチノキ科の植物の葉で作った中国茶です。
飲んだ直後に残る苦みが「苦丁茶」の由来。
苦みと入れ混じってほのかな甘さも感じる不思議な味です。

日本ではまだまだ馴染みの薄い健康茶で
「苦丁茶」の日本語読みも決まっていません。
「くうていちゃ」以外にも、
「くちょうちゃ」「くていちゃ」「くちんちゃ」

あるいは中国語の発音から
「クディン」「クーディン」
などとも読まれます。

苦丁茶

苦丁茶は健康茶の一種。
中国では後漢時代に既に飲まれていたそうです。

成分は、サポニンやポリフェノールが豊富。

緑茶と比べてサポニンは少ないものの
亜鉛・マンガン・銅・セレンなどミネラルが豊富。
もちろんノンカフェインです。

気になる効能は、多岐に渡ります。

頭痛や眼精疲労。
デトックス効果も期待できることから、
風邪・鼻炎・目の痒み・頭痛・解熱に。
また消化促進・下痢止めなど消化器系に。
咳や痰など呼吸器系に。
また気力の充実や記憶力回復などにも。

最近の研究では、血液循環の促進・血圧低下、
さらにコレステロールを減らす効果も
少しながら確認されたとのこと。
ダイエット効果や
酸化を防ぎ若々しい体を保つ効果も期待できそう!

苦丁茶

苦丁茶の茶葉。
「丁」は捻った茶葉の形を指しています。
熱湯を入れてゆっくり蒸らし、捻れが緩む頃が飲み頃です。
緑茶のように低い温度のお湯を使うと、
捻れがほぐれずお茶の出も悪いので、
よく沸かした熱湯を使います。

効果だの成分だの難しいことは置いておいて、
体質改善に1日1杯気楽に飲んでみては如何でしょう。
ノンカフェインだから夜でもOK。
夏は冷たく冷やして飲むと、スッキリ美味しく飲めます。

最近は日本市場向けに苦みが少ない苦丁茶もあります。
通販でも気軽に手に入ります!


人気ブログランキング

ごぼう茶でお腹スッキリ

便秘に悩む女性は多いですよね。
女性はそもそも男性より筋力が弱いですし、
女性ホルモンである黄体ホルモンの影響で便秘になりやすいのです。
黄体ホルモンの分泌が活発な生理前に、
特に便秘が起こりやすくなる経験はありませんか?
 
便秘に効く方法については沢山の情報が出回っていると思いますが、
よく言われることは朝起きてコップ1杯の水を飲むこと。
就寝中に汗で失った水分を補給し、
乾いて雑菌が繁殖しやすくなった口の中を潤し、
朝食前に胃腸の準備を整え、
水は一日の活動に向けて体の中を潤します。

体に負担をかけないために、冷たい水ではなく常温の水がお勧めです。
緑茶などカフェインが入った飲み物は、
刺激物ですから体の調子を整える役割にはお勧めできません。
 
しかし、水を飲んでも特に便秘は改善されない…
と感じてきた私のお勧めは、
朝起きたら、まず温かいごぼう茶をたっぷり飲むこと。

ごぼうにはポリフェノールの一種サポニンが豊富に含まれています。
サポニンは細菌や黴を構成するコレステロールを分解してくれます。
サポニンには除菌効果があるのです。
またごぼうはムコ多糖類のイヌリンを豊富に含みます。
ムコ多糖類は余分な水分を吸収して利尿作用を促し、
食物繊維の一種なので便秘の改善に役立ちます。

ごぼうによってコレステロールが分解されむくみが改善され、
除菌効果やデトックス効果まで期待できるということになります。

ちなみにサポニンもイヌリンも「あく」と思われて
洗って流されている黒い液体の中に含まれています。
ごぼうを食べるときにあくとりをするのは是非やめましょう。

もちろん薬ではありませんから、即日の特効作用は期待できません。
しかし毎日習慣としてごぼうを摂取し続けることで
体質改善は期待できそうですね。
 
しかし、毎日ごぼう料理を作るのは大変。
そこでお勧めが「ごぼう茶」なのです。

あじかん 焙煎ごぼう茶
あじかん 焙煎ごぼう茶

 
私は「あじかん焙煎ごぼう茶」を毎朝飲んでいます。
夜のうちに500mLの水筒に準備し、朝食前に全部飲んでしまいます。
起き抜けの体が温められ潤っていくのがわかります。
この習慣を始めてから便秘がかなり改善されました。
免疫力がついたのか?不思議と花粉症も改善されました。
茶殻(ごぼう)は味噌汁に入れて飲んでいますのでゴミも出ません。
 
ごぼう茶は色々なメーカーさんから出ていますので、
お気に入りのごぼう茶で朝の習慣を作ってみては如何でしょう?
勿論ごぼう茶は一日中楽しめる健康茶です。
朝以外の休憩タイムにもお腹に優しくお勧めです。

参考図書:
『50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表』(南雲吉則著・講談社+α新書)