玉川上水を歩く (24) 浅間橋と上北沢分水口跡

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

1日目の2019年2月18日、四谷大木戸を出発し、
玉川上水暗渠の上の緑道を笹塚まで歩いた。

2回目2019年3月20日は前回の終点、
笹塚「南ドンドン橋」を出発。

南西方向へ歩いて環七横断地下道を通り抜け、
その後は北西へ向かい、
代田橋駅前で甲州街道に入って西へ。
ひたすら玉川上水暗渠の上を歩いた。

杉並区内の玉川上水暗渠の上には
3つの公園と1つの緑地が作られている。
下流から玉川上水公園・玉川上水永泉寺緑地、
そして玉川上水第三公園・玉川上水第二公園。
全長約2,000メートルの散歩道だ。

これらを歩いた後、しばらく
中央道&首都高4号線の高架下の甲州街道を歩いた。

この記事で歩いた場所を地図上に赤く示す。

久我山で高速道路と分かれると、
再び玉川上水の水面を見ながら歩く緑道が出現した。
久我山から三鷹駅前の三鷹橋まで続く、
都立玉川上水緑道の始まりだ。

都立 玉川上水緑道

この記事には、
玉川上水が開渠となる浅間橋から、
久我山駅へ続く岩崎橋までの写真を載せている。

浅間橋

浅間橋は橋と言っても暗渠の上なので、
橋と言うより玉川上水が現れる場所という感じだ。

浅間橋

緑道は玉川上水に沿ったまっすぐな散歩道で
もちろん禁止看板も健在。

浅間橋付近から岩崎橋方面を見る
玉川上水緑道の立入禁止看板@久我山

しっかりした柵を設けた上に、
幾つも看板を掲げなければならないほど
立ち入る人が多いらしい(?)。

玉川上水緑道の立入禁止看板@久我山

久しぶりに緑道の案内地図も立っていた。
玉川上水緑道の周辺は公園も多く環境が良さそうだ。

玉川上水緑道の案内看板@久我山

車道との間は生垣で隔てられ散歩を楽しめるようになっている。
生垣にはウツギの木などが植えられていた。

玉川上水緑道@久我山
玉川上水緑道@久我山

気をつけて歩くと、
たまに水道用地の目印が埋まっている。

水道局の基準点@玉川上水緑道(久我山)

水の流れは小川のようだが
綺麗な水がたっぷり流れている。

玉川上水

短い区間だが、この間には
上北沢分水口跡と烏山分水口跡が見られる。
両方とも岩崎橋にほど近い場所だ。

上北沢分水口跡

上北沢分水は、
玉川上水から北沢川に水を引き入れた分水。
玉川上水が築かれたのは1653年だが、
ほぼ直後と行っても良い1658年から運用されている。

北沢分水の分水口は何度か移動し
現在残っている分水口は最後のものらしい。

上北沢分水口跡

春浅い季節だったので分水口も良く見えたが、
季節が進んで草木が生い茂ったら
おそらく「北澤分水」の石樋も緑に埋もれ、
かなり捜しにくくなることだろう。

上北沢分水口跡
上北沢分水口跡
上北沢分水口跡

玉川上水の中に
明らかな構造物の痕跡が残っているのが分かる。

上北沢分水口跡

季節は桜もまだ咲いていない早春で、
玉川上水の土手には水仙の花が咲いていた。

玉川上水(久我山)