玉川上水を歩く (19) 杉並区の玉川上水公園

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

1日目の2019年2月18日、四谷大木戸を出発し、
玉川上水暗渠の上の緑道を笹塚まで歩いた。

2回目2019年3月20日は前回の終点、
笹塚「南ドンドン橋」を出発。
まず環七通りまで南西方向へ歩き、
環七横断地下道を通り抜け北西へ。
代田橋駅前から甲州街道に入って西へ向かい、
災害時給水拠点の大きなタンク(和泉水圧調整所)の前で
井の頭通りの西へ渡った。

この記事で歩いた場所を地図上に赤く示す。

井の頭通りを少しだけ北へ歩くと
玉川上水公園の入り口があるので、
そこから公園に沿って西へ歩く。

井の頭通りから玉川上水公園方面を見る。
井の頭通りから玉川上水公園へ入る。
玉川上水公園

玉川上水公園の中は、
例によって禁止看板だらけだ。

玉川上水公園の看板

こんなに沢山の禁止看板が本当に必要なのだろうか。
日本の公園って何と不自由な場所なのだろうか。
ここまでしないとマナーが悪い人で迷惑することになるのだろうか。
色々と残念だ。

禁止看板が一段落したところに、
玉川上水暗渠にかかる久左衛門橋があった。
久左衛門橋の先は公園の南の住宅街へ繋がっている。

久左衛門橋
久左衛門橋
久左衛門橋

そして橋を通り過ぎると更にまた禁止看板。
背景に見えているのは井の頭通りの和泉水圧調整所だ。

せっかくの彫像なのだから、
こんな「ごみを捨てないで」の張り紙ではなく、
彫像の制作者や説明などを書いてくれるといいのに…。

玉川上水公園

公園の滑り台に水車がついていたのは
玉川上水の水車の記憶を継承するためだろう。

玉川上水公園

公園の端には玉川上水を示す立ち入り禁止区間があり、
その先には玉川上水の風情が残されていた。

玉川上水公園
玉川上水公園横の水道用地
玉川上水公園を振り返って

公園区間が終わり、京王井の頭線の上を渡る。
井の頭線を渡ると玉川上水は南へ向かう。

下流から遡って歩いているので、
北へ向かって流れていた玉川上水は
井の頭線のあたりで東へ向きを変えているということだ。

京王井の頭線を渡る

井の頭線の橋の横にも禁止看板。

井の頭線を越えて南へ向かう道は自転車置き場になっていて。
片側には大きなパイプがあった。

井の頭線を渡る橋から甲州街道へ向かう道
玉川上水暗渠の上に置かれたパイプ(水道管??)

このパイプは何なのか?
水道敷地内にあるので水が流れる水道管なのか?
特に説明も見当たらなかったし,調べてもわからない。
早春だったのでパイプが剥き出しだったが,
季節が進めば絡んでいる蔦が生い茂って
パイプかどうかもわからなくなりそうだ。

パイプの前にも注意看板

禁止看板はみんな撮ってやろうと思っていたが、
本当に禁止看板だらけで空しくなるほど。
再三書いてしまうが、
ここまで看板だらけにしないといけないのだろうか。

玉川上水暗渠の上の駐輪場とパイプのオブジェ

禁止看板を眺めてうんざりしつつ、再び甲州街道と合流。
甲州街道に近い場所にパイプのオブジェがあった。