玉川上水を歩く (7) 代々木4丁目の緑道と三字橋

東京と縁もゆかりもない人であっても
「玉川上水」という名前は聞いたことがあるだろう。

玉川上水は、
人口が増え続ける江戸に飲み水を供給するため、
1653年に玉川兄弟によって作られた。

羽村取水堰で多摩川から取水し、
武蔵野台地を流れて四谷大木戸まで全長43km。
本企画「玉川上水を歩く」では、
この43kmを四谷から羽村まで遡って歩いてみた。

→ 玉川上水を歩く Index

   *****

四谷大木戸を出発。
新宿御苑の横を通り過ぎ、新宿駅を通り抜け、
葵橋跡を眺め、西新宿の高層ビル前を通り、
玉川上水を遡る。

新宿から笹塚までの玉川上水は暗渠になっており、
暗渠の上は「玉川上水旧水路緑道」として整備されている。

代々木4丁目に入ると、しばらく駐車場の横の細い通路だ。

代々木4丁目の玉川上水旧水路緑道
代々木4丁目の玉川上水旧水路緑道

東京都水道局の基準点を示すマーカーが埋め込まれており、
ここが玉川上水ゆかりの地であることを感じさせられる。

代々木4丁目の東京都水道局基準点
代々木4丁目の玉川上水旧水路緑道

駐車場スペースを過ぎると公園風の緑道になり、
首都高中央環状線、山手通りの1本手前に橋の跡がある。

代々木4丁目の玉川上水旧水路緑道
代々木4丁目の三字橋(みあざばし)

玉川上水の上に架かっていた時のままの欄干に
三字橋(みあざばし)の文字が残っている。

代々木4丁目の三字橋(みあざばし)
代々木4丁目の三字橋(みあざばし)

新町・初台・山谷という三つの字に架かる橋であるため
三字橋と言う。

代々木4丁目の三字橋(みあざばし)
三字橋の上から見た玉川上水旧水路緑道

三字橋を通り過ぎると、緑道は初台地区となり、
更にいくつかの古い橋の跡が続く。