宮沢賢治旧居跡―文京区

炭団坂の坂下からそう遠くない菊坂の谷の一角に、
宮沢賢治旧居跡がある。

場所は、本郷4丁目35-4。
地下鉄本郷三丁目駅から徒歩5分程度の距離だ。

文京区本郷 菊坂町の宮沢賢治旧居跡の説明板

宮沢賢治(明治29年/1896年~昭和8年/1933年)。
大正10年・1921年1月に上京、同年8月までの8ヶ月間、
本郷菊坂町75番の、2階の六畳間に住んでいた。

宮沢賢治は謄写版刷りの筆耕や校正の仕事で自活し、
昼休みには街頭で日蓮宗の布教活動を行っていた。
また1日300枚のペースで童話や詩歌の原稿も書いていた。

宮沢賢治旧居跡の説明板が設置された菊坂町の階段

『かしわばやしの夜』『どんぐりと山猫』などを
この本郷の地で執筆したが、
妹トシの病の悪化で、8ヶ月間の在京で花巻へ帰ったのだった。

帰るときのトランクは、原稿でいっぱいだったという。

宮沢賢治旧居跡には、現在この建物が建っている。
2階の中央付近が、かつて賢治が住んでいた場所になるようだ。

菊坂町の宮沢賢治旧居跡

この付近には近代史に名を馳せる文豪たちと縁ある場所が多く、
すぐ近くに樋口一葉や石川啄木の旧跡もある。
風景も美しく散歩に良い場所だ。

One Reply to “宮沢賢治旧居跡―文京区”

コメントは受け付けていません。